このサイトでは、より快適に閲覧できるようCookieを使用しています。Cookie使用の詳細については、こちらをご覧ください。

x
OK

ミズーリ州セントルイス St.Louis, Missouri:ようこそ、冒険の世界へ


コスモポリタンの楽しさ、興奮、冒険を求める旅行者なら、セントルイス(St. Louis)はまさにおあつらえ向きです。アメリカ中西部に位置するセントルイス(St. Louis)は、洗練されていながらも手頃さが魅力です。バラエティ豊かな観光名所に展示、グルメが、フレンドリーで多様性に富んだ雰囲気の中で楽しめます。次の旅で訪れるべき昔ながらの観光スポット、そして新たな人気スポットをご紹介します。

セントルイス St. Louis とブルース

国立ブルース博物館(National Blues Museum)は、ブルース音楽の歴史と遺産、ブルースが世界に与えた影響の保存と敬意に特化した唯一の国立施設です。未来のアーティストやファン、歴史家にブルース文化が受け継がれることを目的にした、遺物展示、ライブパフォーマンス、インタラクティブなギャラリーはまさしく必見です。

音楽ファンなら、本場のセントルイス(St. Louis)ブルースも外せません。この地域では、ほとんどのブルースクラブで週末には地元のバンドが演奏を披露し、ツアー中のアーティストも出演することもあります。本格派のライブを毎晩楽しみたいなら、BB’s ジャズ(BB’s Jazz)、ブルース&スープス(Blues & Soups)、ザ・ビール・オン・ブロードウェイ(The Beale on Broadway)、ブロードウェイ・オイスター・バー(Broadway Oyster Bar)を要チェック。どれもダウンタウンの南、タクシーですぐの場所にあります。

ルート 66 Route 66 を満喫

「モーターロード」や「アメリカのメインストリート」として知られるルート 66(Route 66)は、アメリカの伝説を語る上で重要な役割を果たしています。セントルイス(St. Louis)は、シカゴ~ロサンゼルス(Chicago and Los Angeles)間のルート 66(Route 66)上最大の都市の 1 つ。また、ルート 66(Route 66)で初めてミシシッピ川(Mississippi River)にかけられたチェーン・オブ・ロックス橋(Chain of Rocks Bridge)など、この道路に関連性のある地元スポットも数多くあります。

デザートとバーベキューという伝統

1929 年以来古き良きルート 66(Route 66)で長く続くセントルイス(St. Louis)の伝統に、逆さまにしてもこぼれないほど濃いテッドドリュース(Ted Drewes)の「コンクリート(concrete)」シェイクがあります。エルビス・プレスリー(Elvis Presley)に敬意を表したピーナッツバターとバナナの「オール・シュック・アップ(All Shook Up)」もお試しください。

セントルイス人はバーベキューを何よりも大事に思っています。バーベキュー好きなら、パピーズ(Pappy’s)やシュガーファイア・スモーク・ハウス(Sugarfire Smoke House)など、ドライラブのリブやジューシーなビーフブリスケット、極上のプルドポークを出すレストランで存分に楽しめます。

ビール文化

1852 年にセントルイス(St. Louis)に設立され、歴史あるソーラード(Soulard)に本社を置くアンハイザーブッシュ(Anheuser-Busch)は、アンハイザー・ブッシュ・セントルイス・ブルワリー&ツアー・センター(Anheuser-Busch St. Louis Brewery and Tour Center)で観光客を迎えます。バドワイザー(Budweiser)などのラガービールやその他の名物ビールが飲めるリラックススペース、ビアガルテン(Biergarten)もあります。

1991 年、セントルイス・ブルワリー&タップ・ルーム(St. Louis Brewery & Tap Room)は、セントルイス(St. Louis)で 50 年ぶりにオープンした醸造所です。地元で 2 件目となるシュラフリーボトルワークス(Schlafly Bottleworks)をオープンしたシュラフリー(Schlafly)は、地元で人気を集めています。

このほかには、モーガン・ストリート・ブルワリー(Morgan Street Brewery)、スクエア・ワン・ブルワリー&ディスティラリー(Square One Brewery & Distillery)、フォー・ハンズ・ブルーイング・カンパニー(4 Hands Brewing Company)、アーバン・チェスナット・グローブ・ブルワリー&ビアホール(Urban Chestnut Grove Brewery & Bierhal)、アーバン・チェスナット・ミッドタウン・ブルワリー・&ビアガルテン(Urban Chestnut Midtown Brewery & Biergarten)などが、セントルイス(St. Louis)で人気の地ビール工場です。

プレイボール!

セントルイス(St. Louis)は、これまで長い間、アメリカで最も野球が盛んな街と呼ばれてきました。セントルイス・カーディナルス(St. Louis s Cardinals)の試合を見ずして旅を終えることはできません。毎年ブッシュスタジアム(Busch Stadium)で開催される試合を見ようと 300 万人以上のファンを引き寄せるカーディナルス(Cardinals)は、言わばこの地域の心と魂です。 

ブッシュスタジアム(Busch Stadium)の向かいにあるボールパークビレッジ(Ballpark Village)には、カーディナルスをモチーフにしたレストラン、屋上デッキ席、セントルイス・カーディナルス殿堂博物館(St. Louis Cardinals Hall of Fame and Museum)、そしてビアガーデン付きのバドワイザー・ブルー・ハウス(Budweiser Brew House)があります。

雄大なゲートウェイアーチ Gateway Arch

アメリカ最大の人工モニュメント、世界で最も背の高いアーチのゲートウェイアーチ(Gateway Arch)は、2015 年に生誕 50 周年を迎えました。有名な建築家、エーロ・サーリネン(Eero Saarinen)が手掛けたこの荘厳なアーチは、西部開拓におけるトーマス・ジェファーソン(Thomas Jefferson)のビジョンとセントルイス(St. Louis)の役割を記念して造られました。専用のトラムで展望デッキに上がり、街とミシシッピ川( Mississippi River)の息をのむ絶景を堪能しましょう。

ミズーリ州セントルイス St. Louis, Missouriのオフィシャル・トラベル・サイト

ミズーリ州セントルイス St. Louis, Missouriのオフィシャルトラベル情報

セントルイス コンベンション観光委員会

ディスカバーアメリカへようこそ。

登録が完了したため、旅行プランをスーツケースに保存できるようになりました。

探索を開始する

メールアドレスを入力すると、パスワードをリセットするためのリンクが送信されます。

メールをご確認ください。

探索を開始する

アカウントのパスワードが正常に変更されました。 新しいパスワードを使用してログインしてください。

探索を開始する