19 世紀の建物、魅力的な史跡、そしてユニークなお店やレストランなどが入り混じった、ミズーリ州の歴史ある街セント チャールズは、歴史や素朴な時代の生活の本質を堪能できる場所です。

歴史通にとっては、ルイス アンド クラーク ボート ハウスやネイチャー センターは必見です。 この博物館では、探検隊にスポットライトをあて、ネイティブ アメリカンの工芸品や探検中に見つけたミズーリ川居住地などを特集しています。この博物館の美術品「Missouri River Walk」は、屋内壁画としては同州最大です。キールボートと丸木舟の実寸大のレプリカをご覧になったり、1804 年に野営地として使用された場所付近にある、堂々としたルイスとクラークのモニュメントに立ち寄って写真をお撮りください。

ミズーリ川近辺には、初期のミズーリ州議会議事堂の州立史跡もあります。 ここは、1821 年~ 1826 年まで州政府が最初にあった場所でした。 粗削りの材木やダークウッドの床は、州で最初の議会が開かれた様子を物語っています。 詳しい説明が書かれたパンフレットを見ると、州政府がどのように形成されたのか、また 1800 年代初頭の生活の様子などがわかります。

川と平行して走っているメイン ストリートには、1800 年代の姿に復元された建物内に 100 軒以上のユニークなお店やレストランがあります。 かつて『サザン リビング』誌で「西のウイリアム ズバーグ」と呼ばれた、南のメイン ストリートの 10 ブロックは、ミズーリ州で最も古くて大きい歴史地区の 1 つです。 ここには、植民地時代の複製品から、フラワー アレンジメント、インフューズド オリーブ オイル、手作り石鹸に至るまで、あらゆるものを見つけることができます。 散策でお腹がすいたら、数あるカフェ テラスの 1 つに入って戸外で食事をしましょう。

メイン ストリートで買い物をしたら、かつては鉄道の車両工場だった建物にある対話的で総合的なアート センターの The Foundry に立ち寄ってみてください。 正面がガラス張りのスタジオでは、アーティストが作業する様子を見て、技術を磨いているアーティストと会話を交わすこともできます。

セント チャールズでは、1 年を通して、70 以上のお祭り、演劇、コンサート、およびその他の特別イベントを主催しています。 その中で最も大きいものには、ルイスとクラークが 1804 年に野営した当時を本格的に再現したヘリテイジ デイズ、『ミッドウエスト リビング』誌によって 2011 年の「中西部で最高の工芸品市」に選ばれたフェスティバル オブ ザ リトル ヒル、および 40 人の伝説的なサンタと絵本のキャラクターが登場するクリスマス恒例の 1 か月間のお祭りなどがあります。 ナイトライフやカジノでのゲームもセント チャールズのエンターテインメントの一部で、セントルイスの見所も 20 分ほどのところにあります。

セント チャールズのお宝は、西にある歴史的なミズーリ ワイン カントリーにあります。 この地域は、連邦政府によって初めて割り当てられた米国ブドウ栽培地となりました。特有の土壌、微気候、および歴史で名高いワイン生産地域です。 丘の上のテラスから絵のように美しい景色を楽しみながら、賞を獲得したワインをお飲みください。

その後は、ダニエル ブーンの住居やヘリテイジ センターを見学しましょう。 この勇敢な人物のストーリーから、家族の問題、危険な冒険、苛酷な戦いなどを垣間見ることができます。 セント チャールズの田舎を通るブーンのリック トレイルを作ったのはブーンでした。このトレイルからサンタフェ トレイルができ、さらにその後にオレゴン トレイルができました。

セントチャールズ、ミズーリのオフィシャル トラベルサイト

Official St. Charles Travel Information

ディスカバーアメリカへようこそ。

登録が完了したため、旅行プランをスーツケースに保存できるようになりました。

探索を開始する

メールアドレスを入力すると、パスワードをリセットするためのリンクが送信されます。

メールをご確認ください。

探索を開始する

アカウントのパスワードが正常に変更されました。 新しいパスワードを使用してログインしてください。

探索を開始する