イリノイ州ポンティアック: きらりと光る小さな町


イリノイ州の中心に位置しており、数々の興味深く独特な名所があるポンティアックには、魅力的なレクリエーションが盛りだくさんです。 イリノイ州ルート 66 協会のルート 66 殿堂博物館、リビングストン郡戦争博物館、インターナショナル ウォールドッグ ミューラル & サイン アート ミュージアム、ポンティアック - オークランド自動車博物館 & リソース センター、そして最近オープンしたばかりの金箔などの箔置きをテーマにしたギルディング アート美術館と、ポンティアックには誰しもが楽しめる何かがあります。

歴史豊かなダウンタウンのショッピング街には 23 点の大規模な屋外壁画があるほか、それらの付近には、イリノイ州の共同プロジェクト「ルッキング フォー リンカーン」の一環である 9 点のストーリーボードがあります。 バーミリオン川のほとりには美しい市民公園が点在し、夏になると、シャトークア公園に建つ歴史的なパビリオンにて、バーミリオン プレイヤーズによる演劇も催されます。

ポンティアックは特に、ルート 66 の名所巡りをする旅行者にとって興味深い町です。 ポンティアックにはイリノイ州で最初に開館したルート 66 関連の博物館があるため、マザーロードの歴史を学ぼうと世界中からポンティアックに旅行者が足を運びます。 ポンティアックのルート 66 殿堂博物館には、ボブ ウォルドマイヤー コレクションが所蔵されています。ルート 66 にまつわる個性的な人物のひとり、ウォルドマイヤーの放浪の人生に触れ、彼の有名な愛車「ロード ヨット」を見学すれば、一生忘れられない体験となるでしょう。 ポンティアックのルート 66 シーニック バイウェイ沿いには、旧国道が地域に与えた影響に焦点をあてた 5 つの路上展示物があります。 それから、ルート 66 の標識としては世界最大の壁画を背景に、あなたや友だち、または愛車の記念撮影をすることをお忘れなく。同壁画は、イリノイ州ルート 66 殿堂博物館の背面に描かれています。

歴史的建造物の観光をお望みの場合には、歴史豊かなダウンタウンの宝石、リビングストン郡庁舎を見学しましょう。1875 年建造のこの庁舎は最近修復され、イリノイ州きっての美しい庁舎との評価を得ています。 さらに、ポンティアック最古のレンガ造りの家であるジョーンズ ハウスや、ヨースト ハウス ミュージアム、巡回裁判所の弁護士としてエイブラハム リンカーンがポンティアックを訪れた際に滞在した、木造枠組みを特徴とするカーペンター ゴシック様式のストレベル ハウスなど、複数の歴史ある家々を目にすることができます。

また、ポンティアックでは、小さい町ならではの歓迎やユニークなウォーキング ツアー、趣のある公園、さらには広さ 1.2 平方キロメートルの美しいヒューミストン ウッズ自然保護区の散策なども楽しむことができます。 ポンティアックは中西部の町としては唯一、吊り橋が 3 本もかかっている町です。ポンティアックを訪問したからには、バーミリオン川に架かるそれらの橋の少なくともひとつは渡ってみましょう。 ダウンタウンは、毎年恒例のストリート フェスティバルやライブ エンターテインメント、クラシック カー ショー、そしてイベントなど、さまざまな催しで賑わっています。 春、夏、そして秋にかけては、ソフトボールのトーナメントや野外演劇などの屋外イベントも目白押しです。 歴史を辿る人もアンティークを探し求める人も芸術を愛する人も、ポンティアックならきっとユニークな発見ができるでしょう。

地図やパンフレットを備えるポンティアックの観光案内所では、町の多くの店舗にてディスカウントが受けられる VIP ボタンを配布しています。

イリノイ州ポンティアック周辺を楽しむためのヒント

イリノイ州ポンティアックの公式観光情報サイト

ポンティアックの公式観光情報

ディスカバーアメリカへようこそ。

登録が完了したため、旅行プランをスーツケースに保存できるようになりました。

探索を開始する

メールアドレスを入力すると、パスワードをリセットするためのリンクが送信されます。

メールをご確認ください。

探索を開始する

アカウントのパスワードが正常に変更されました。 新しいパスワードを使用してログインしてください。

探索を開始する