このサイトでは、より快適に閲覧できるようCookieを使用しています。Cookie使用の詳細については、こちらをご覧ください。

x
OK

多彩なストーリーを持ち、気品と洗練を感じさせる街、サバンナを旅してみませんか。この街は、豊かな歴史、美しい自然、個性的な建築物、そしてロマンチックな雰囲気を味わえることで知られています。それぞれ異なる歴史物語を持つ広場には、モダンで刺激的な高級ブティックやギャラリー、レストランが並んでいます。グルメ、アート、音楽、そして優しくて陽気な人々に出会えるこの街なら、他のどこにもない体験ができるでしょう。

一風変わったものから壮麗なものまで、見所、寄り所が数多く存在するサバンナ。45ヵ所以上もの文化的アトラクションを擁するこの街は、文化、歴史、伝統に興味のある旅行者を惹きつけてやみません。南北戦争以前の豪邸、マーサー・ウィリアムズ邸を見学するツアーに参加したり、アメリカのガールスカウト発祥の地である、ジュリエット・ゴードン・ロウの家を訪れたり。あるいは「アメリカで最もお化けの出る街」と呼ばれてきたサバンナを巡る、ホーンテッドゴーストツアーで肝試ししてみてはいかがでしょう。この街で作られた映画について学べるムービーツアーもお勧めです。サバンナの美術館では、思わず息をのむような芸術作品が収蔵されています。また、街のいたるところで、豊かな歴史を称える彫像の数々を目にすることができます。

トローリー、馬車、自転車、セグウェイなど、どんな手段を使うせよ、サバンナは、移動すること自体が楽しい街です。アメリカでも有数の「歩行者に優しい街」なので、記念碑や噴水、ツツジ、スパニッシュモスに覆われたオークの大木などに彩られた美しい22の広場をゆっくり楽しみながら、歩いて街巡りをする観光客の姿も多く見られます。

歴史地区の中心に100軒以上のレストランがあることから、史跡としての名声と同じぐらい、グルメスポットとしても有名になったサバンナ。有名シェフたちが繰り出す卓越した味とスタイルを求めて、何度も足を運びたくなることでしょう。それから、帰る前にぜひお試しいただきたいのが、おいしそうな匂いを漂わせている名物の「沿岸地域料理」や、アメリカでは珍しいテイクアウトのビールやカクテルです。あらゆる人を満足させるバラエティの豊富さを誇るサバンナの料理は、街を離れてからも後を引く、独特の味わいを持っています。

サバンナでは、一年を通じてたくさんのフェスティバルやショー、展覧会が開催されています。毎年春になると、アメリカ最大級のセント パトリック デーの祭典、サバンナ ストップオーバー ミュージック フェスティバルや、世界一流の演奏が楽しめるサバンナ ミュージック フェスティバルなど、大人気のイベントに、全米から多くの人が詰めかけます。夏には、サバンナ近郊のビーチエリア、タイビー アイランドで、多数のイベントやアクティビティが繰り広げられます。秋もフェスティバルが満載で、サバンナ フィルム フェスティバル、サバンナ フード&ワイン フェスティバルをはじめ、数多くのイベントが開催されます。

ちょっと控えめで優しい雰囲気が漂い、古さと新しさが程よく溶け合う街、サバンナ。その優雅さと独特の個性に、あなたもきっと魅了されるはずです。さあ早速、旅のプランニングを始めましょう!

サバンナ、ジョージア州 ハイライト

味わわずには帰れません...

「リバー ストリート スイーツ」のプラリーン。

地元の人々がリラックスしたいときに訪れる場所

サバンナ近郊のビーチエリア、タイビー アイランドで過ごす一日。

海水浴や桟橋での釣り、新鮮なシーフードが楽しめるタイビー アイランドは、地元の人気スポットです。

カレンダーに書き込むべきイベント

  • ブラック ヘリテージ フェスティバル (2月)
  • サバンナ ミュージック フェスティバル (3月/4月)
  • セント パトリック デー フェスティバル (3月)
  • アニュアル ホーム&ガーデン ツアー (3月/4月)
  • プリザベーション フェスティバル (5月)
  • サバンナ クラフト ビール フェスト (9月)
  • オクトーバーフェスト オン ザ リバー アニュアル ワイナー ドッグ レース (10月)
  • ロックン ロール サバンナ マラソン&ハーフマラソン (11月)
  • サバンナ リバー ブリッジ ラン (12月)
  • ダウンタウン ネイバーフッド協会ホリデー ホーム ツアー (12月)

旅行中に出会うおどろき...

サバンナのファッション シーンは活気にあふれ、常に進化を続けています。全米屈指のファッション スクールであるサバンナ芸術デザイン大学や、地元のデザイナーや大手レーベルのデザイナーによるたくさんのおしゃれなブティックがあります。

必見の博物館

  • テルフェア美術館のテルフェア アカデミーでは、19世紀の展示室2部屋に、絵画、紙を使った作品、彫刻、装飾芸術など、美術館の常設コレクションの中の19世紀と20世紀のアメリカとヨーロッパの美術品を展示しています。目玉は、アメリカの印象派やアッシュカン派写実主義などです。
  • SCAD美術館は、1856年に建てられ、セントラル オブ ジョージア鉄道の本社として使われていた、グリーク リバイバル様式の建物にある現代芸術デザイン博物館です。

ちょっと夜更かしをしたい方は

サバンナでは、カクテルを片手に、お好きな場所に出かけられます (プラスチック カップでよければですが)。「ピンキー マスターズ ラウンジ」のピアノ バーで「サバンナ スマイルズ」を口ずさんだり、「ジャズド」でソウルフルなサウンドに聴き入ったり、「マクドノウズ」でのカラオケもお勧めです。ボヘミアン ホテルの「ロックス オン ザ ルーフ」からは、サバンナ川の素晴らしい景色を楽しめます。

ショッピング天国

ブロートン ストリートでユニークなショップやローカルなブティックを巡ったり、ダウンタウン デザイン地区でアンティークやギフト、服を見て回るのもお勧めです。サバンナ芸術デザイン大学のショップ、shopSCADもお見逃しなく。学生や教職員の手によるユニークな品にあふれています。

ご滞在は1日だけですか?

観光名所を巡るなら、トロリーが便利です。好きなときにいつでも降りられます(降りたいところで降りてください)。「ミセス ウィルカーズ ダイニング ルーム」の行列は長く見えますが、進むのは早く、ジューシーなフライド チキンの最初の一口は並んででも食べる価値ありです。シティ マーケットにある「サバンナ キャンディ キッチン」にも立ち寄って、目の前で作られるプラリーンやベア クロー ペストリーをご賞味ください。

はじめて訪れるなら…

サバンナの歴史地区は、1966年に国指定歴史建造物に指定された、アメリカ最大級の歴史的名所です。ロバート・ルイス・スティーブンソンの『宝島』にインとして登場するパイレーツ ハウス (1754年)、ジョージア州最古の建造物のハーブ ハウス (1734年)、ジョージア州で最初の銀行の史跡のオールド ピンク ハウス (1789年)、現在は米国ガール スカウトによってその創始者を記念して所有、運営されているジュリエット・ゴードン・ロウ生誕地 (1821年)、南部で最初の公立博物館の1つであるテルフェア芸術科学アカデミー (1812年に邸宅として建築)など、保存、修復された重要な建造物が集まっています。

オフィシャルサバンナ、ジョージア州トラベルサイト

サバンナ訪問

ディスカバーアメリカへようこそ。

登録が完了したため、旅行プランをスーツケースに保存できるようになりました。

探索を開始する

メールアドレスを入力すると、パスワードをリセットするためのリンクが送信されます。

メールをご確認ください。

探索を開始する

アカウントのパスワードが正常に変更されました。 新しいパスワードを使用してログインしてください。

探索を開始する