サーフサイドは浜辺の街で、休暇の旅行先として望まれる静かな別天地です。魅力的な住宅街、活気あふれる商業地区、穏やかな浜辺があるこの街は、旅行者が故里にいるような感覚でくつろげるビーチ タウン コミュニティです。

サーフサイドの穏やかな砂浜は、96 番街と 87 番住宅地の間で、バル ハーバーからノース ビーチまで続いています。絵に描いたように見事な青緑色の海を背景に延々と続く約 2 km のサーフサイド海岸は、いつでも満喫することができます。

のんびりとしたこの街を堪能するために、指定のデコ バイク ステーションでレンタサイクルを借りて、海に面した住宅、街のコミュニティー センター、シックなグランド ビーチ ホテルや、建設中の高級マンションの フォー シーズン サーフ クラブとフェンディズ シャトー レジデンスなどが並ぶビーチ コースをサイクリングしてみてはいかがですか。

1935 年にサーフサイドの街が併合された当時、街の人口は 50 人でした。米国世論調査によると、現在の人口は 6,000 人に近づきつつあります。 サーフサイドは、現在も魅力にあふれる特別な街です。商業地区には小さな街のメイン ストリートの雰囲気があり、 アボット、バイロン、カーライル、ディケンズなどの有名な作家や詩人の名前が付いた通りにはアールデコ様式の住宅が立ち並んでいます。

海のすぐ近くにある、ヤシの並木が続くの街のショッピングとレストラン街のハーディング アベニューを颯爽と歩いてみましょう。この通りには、歩道沿いにあるユニークな個人経営のカフェや、多国籍料理からアメリカの伝統料理までのさまざまなメニューが揃ったグルメ レストランがあります。近年、サーフサイドは、さまざまなコーシャー フード (ユダヤ教で清浄とされる食べ物) がたくさんあることでもよく知られるようになりました。 高級なコーシャー イタリアン、バーベキュー、寿司などから、コーシャー/チョロブ イスロエル風ピザ屋やアイスクリーム/ペストリー ショップ、さらに特別な安息日のご馳走のためのコーシャー スーパーマーケットまで、幅広い選択肢があります。

ハーディング アベニューでのショッピングも、花屋さん、メガネ屋さん、高級ファッションやファブリックのお店から、スターバックス、ジャン ビギン、パブリックス、果ては銀行やその他の便利な施設やサービスまで多岐にわたります。

冬にサーフサイドを訪れると、1 月から 4 月まで毎月第 3 木曜日に開かれるサード サーズデーを楽しむことができます。夕方の野外パーティーでは、生演奏が聞けるほか、コリンズ アベニューとハーディング アベニュー間の 95 番街に沿って、サーフサイドの主要なショッピングとレストラン街の隣にさまざまなフード トラックが出ます。

コリンズ アベニューとハーディング アベニュー間の 93 番街を 2 ブロックほど南に行ったところには、この街の「公共の場所にアートを」の取り組みとして「サーフサイド ウミガメ物語アート ウォーク」が行われています。この散歩道には、サーフサイドに巣作りに来るアカウミガメへの意識を高めるために、地元のアーティストが作ったウミガメの彫刻が置かれます。

この街は着実に成長しており、簡単に来ることができて、ショッピングや食事を楽しんだり、ビーチで 1 日を過ごしたりできる街を楽しみたい旅行者にとってさらに魅力的になっています。本当に大切なものを再発見できる、安全な家族向けの環境。それがサーフサイドです。

フロリダ州サーフサイドの体験

フロリダ州サーフサイドのオフィシャル トラベルサイト

Simply Surfside

ディスカバーアメリカへようこそ。

登録が完了したため、旅行プランをスーツケースに保存できるようになりました。

探索を開始する

メールアドレスを入力すると、パスワードをリセットするためのリンクが送信されます。

メールをご確認ください。

探索を開始する

アカウントのパスワードが正常に変更されました。 新しいパスワードを使用してログインしてください。

探索を開始する