このサイトでは、より快適に閲覧できるようCookieを使用しています。Cookie使用の詳細については、こちらをご覧ください。

x
OK

クラフトビール トレイル

地図を見る 旅行に役立つ情報

モンタナからアリゾナへと続く一般道路をひた走れば、アメリカでも有数のクラフトビールが見事な景色とともにあなたを出迎えます。土地ならではの風味が薫り立つ個性的なビールと、目を奪われる赤い岩山が立ち並ぶドラマチックな砂漠と山との景色を楽しんでください。

旅のスタートはモンタナ州ポルソンから。「Glacier Brewing Co(グレイシャー ブリューイング)」と「Moscow Brewing(モスクワ ブリューイング)」で作られた美味なるクラフトビールを味わってみましょう。それからアイダホ州ルイストンに向かいます。このあたりは、暖かく晴れの日の多い「Banana Belts(バナナベルト)」地帯に位置することで知られています。サイクリング、ハイキング、そしてラフティングも楽しめる絶好のスポットです。

アイダホ州の首都ボイジーでは、セルフガイド式のクラフトビールツアー「Boise Ale Trail(ボイジー エール トレイル)」に参加しましょう。おいしいビールの試飲、多種多様なメニュー、楽しい会話を体験できます。

ワイオミング州ジャクソンに到着したら、人気の「Snake River Brewing Company(スネークリバー ブリューイング カンパニー)」と「Roadhouse Brewery(ロードハウス ブリュワリー)」に立ち寄ってください。足を伸ばしてハイキングをしてみたり、ジャクソンを取り囲む堂々たる山々――この街が「Jackson Hole(ジャクソンホール)」という仇名で呼ばれているゆえんです――を見物するのもいいですね。

次の名所はユタ州のソルトレイクシティ。ワサッチ山脈のふもとに抱かれて栄える大都市です。「Unita Brewing(ユインタ ブリューイング)」か「Squatters Pub(スカッターズ パブ)」で地元のビールを飲んでみましょう。スカッターズ パブは1989年に地ビール醸造所として誕生し、今では9種類のエールが西部全域で親しまれています。

ソルトレイクシティからたった30分でパークシティに着きます。人気のスキーリゾート地であり、サンダンス映画祭の開催地でもあります。到着してひと息ついたら、家族経営のビールメーカー「Shades of Pale(シェーズ オブ ペール)」の比類なき手作りビールを試しにいきましょう。流行の「Talisker(タリスカー)」ではショートリブ シェパードパイを、俳優ロバート・レッドフォードが経営するレストラン「Zoom(ズーム)」では素朴なごちそうを提供しています。

次はコロラド。1度の旅では回りきれないほどのクラフトビール醸造所があります。デンバーに向かう途中でフォートコリンズに立ち寄って、「New Belgium Brewery(ニュー ベルジウム ブリュワリー)」を見学しましょう。ここはアメリカのクラフトビール醸造所としては規模が第3位で、人気も1、2を争います。しゃれた雰囲気の漂う大学街、ボウルダーもぜひ素通りせずに。滞在中にはぜひ「Twisted Pine(ツイステッド パイン)」に立ち寄ってエスプレッソ スタウトを試して、パールストリート沿いの多彩な店も覗いてみましょう。そこから30分も車を走らせればデンバーに到着です。マイルハイ シティという仇名で呼ばれるデンバーは、ぜひ数日かけて探究したい街。「Denver Beer Company(デンバー ビア カンパニー)」など、評判の高い醸造所の数々と出会えます。

デンバーからは蛇行しながら南下してニューメキシコ州アルバカーキへ。そびえたつサンディア山脈は絶景です。「La Cumbre Brewing(ラ クンブレ ブリューイング)」と、クールなインダストリアルビールを提供する「Bosque Brewing(ボスケ ブリューイング)」でも、何杯か味わってみてください。

もとの道に戻って、アリゾナ州セドナへ車を走らせれば、いっそう荘厳な景色が待っています。スライドロック州立公園は、美しいレッドロックや、木々が立ち並ぶ道が名物。泳いだり、ハイキングしたり、釣りをしたり、素晴らしいアウトドア活動も楽しめます。その後で「Oak Creek Brewery(オーク クリーク ブリュワリー)」に行って、多種多様なビールテイスティングも。

3時間のドライブを堪能すると、グレーターフェニックスエリアと呼ばれる地域に到着。アウトドア活動と地ビールがお待ちかねです。有名なキャメルバックマウンテン――こぶになった形から、この名前がつきました――でショートハイキングを楽しみましょう。それから「Phoenix Brew(フェニクス ブリュー)」か「Four Peaks(フォー ピークス)Brewery(ブリュワリー)」で、帰路につく前の締めの数杯をどうぞ。

この旅に持参するべきもの:地ビールのお気に入りを味わう味覚、その土地ならではの文化や会話を愛する気持ち、山道を歩くハイキング用具

地図を見る
ディスカバーアメリカへようこそ。

登録が完了したため、旅行プランをスーツケースに保存できるようになりました。

探索を開始する

メールアドレスを入力すると、パスワードをリセットするためのリンクが送信されます。

メールをご確認ください。

探索を開始する

アカウントのパスワードが正常に変更されました。 新しいパスワードを使用してログインしてください。

探索を開始する