このサイトでは、より快適に閲覧できるようCookieを使用しています。Cookie使用の詳細については、こちらをご覧ください。

x
OK
ミルウォーキー, ウィスコンシン

ミルウォーキー美術館

ミシガン湖に浮かぶ動く名作


ミルウォーキー美術館での芸術品の観賞は、美術館のドアを入るずっと前から始まります。 歩行者用の橋を渡って美術館に近づくと、高さ27mのガラスの壁のレセプション ホールが見えてきます。その上には、広げると先端から先端までが61mの翼になる、72個のスチールの羽根で構成された見事な白い円錐があります。 ダウンタウンのミルウォーキーのミシガン湖岸に位置するこの巨大な動く彫刻は、飛び立つカモメのようです。

美術館のクワドラッチ パビリオンとそのユニークな屋根は、有名なスペイン人建築家サンチアゴ・カラトラバが設計しました。 2001年に発表されたこのプロジェクトは、著名な建築家イーロ・サーリネン(1957年)およびデイビッド・カーラー(1975年)によって設計された既存の美術館の建物と良く合っています。 クワドラッチは、カラトラバによって設計されたアメリカで最初の建物です。カラトラバの作品には、アテネのオリンピック スタジアム、ニューヨークのワールド トレード センターの新しい交通ハブなどがあります。

増設がもたらした活気により、この美術館と、16世紀ブリュッセルのタペストリーからワーホール、ミレ、カンディンスキー、ピカソなどの近代および現代美術にいたるその多様なコレクションは、新たな脚光を浴びています。 その最も著名な常設コレクションには、20世紀ハイチ美術の世界最高のコレクションの1つやウィスコンシン出身のジョージア・オキーフの22の作品が含まれ、これらオキーフの作品はニューメキシコ州サンタフェ以外では最大規模のオキーフ ギャラリーに展示されています。

この旅行プランは次の場所で見つかります。

1,000 Places to See in the United States & Canada Before You Die©

当サイトに記載されている場所の連絡先の詳細、アメリカ旅行のその他のアイデアは、ベストセラーとなっているパトリシア・シュルツの本でご覧いただけます。

ディスカバーアメリカへようこそ。

登録が完了したため、旅行プランをスーツケースに保存できるようになりました。

探索を開始する

メールアドレスを入力すると、パスワードをリセットするためのリンクが送信されます。

メールをご確認ください。

探索を開始する

アカウントのパスワードが正常に変更されました。 新しいパスワードを使用してログインしてください。

探索を開始する