シアトル, ワシントン

シアトルのコーヒー文化

アメリカのコーヒーの本場の味を訪ねる


住民1,000人あたりコーヒーショップが2.5軒もあるシアトルは、コーヒーショップの密集度が全米で最も高い都市です。このことは、カフェインに浸かった街、シアトルの魅力を如実に物語っています。

世界初のスターバックスが1971年にこの地に開店して以来、コーヒーハウスは瞬く間に、エメラルドシティの愛称で親しまれるシアトル市の社会的な地域の中心地となり、デートのカップルや子供連れ、音楽を聴きにくる人やノートパソコンを抱えて座る人、小説を読みふける人や友達との待ち合わせなど、さまざまな目的で利用されています。 シアトルでは、コインランドリーや床屋、映画館やストリップクラブなど、あらゆる場所の隣にコーヒーショップを見つけることができます。

コーヒー豆は栽培されていませんが、シアトルが世界一のコーヒーの本場として知られるようになった背景には、納得のゆく理由がいくつかあります。 太平洋岸北西部の長く陰うつで雨の多い冬を少しでも和らげるには、カフェインの合法的な刺激が効いた温かい飲み物がもってこいです。比較的富裕層が多いシアトルの人たちは、朝食のときだけでなく朝から晩まで質の高い豊富な種類のコーヒーを求めています。

また、小説『白鯨』の中の登場人物にちなんで命名され、国際的に大ブームを起こすきっかけとなった小さなコーヒーショップの影響もあります。 スターバックス一号店はパイク プレース マーケットに開設され、平凡な薄暗い小さなコーヒーショップとしてスタートしましたが、コーヒーブームに火を付けてからは、いたるところに店舗を広げています。いまやスターバックスの店舗数は世界中で1万店を超え、その数はさらに増えています。 今なお営業している一号店には、世界中からスターバックスの熱狂的ファンが訪れています。

シアトルにはスターバックスの店舗が多数ありますが、ユニークで少数派の自営のコーヒーハウスも少なくありません。 キャピトルヒル地区には、店内が本で埋め尽くされ近所の人たちのたまり場としてにぎやかなバウハウス ブック&コーヒー、完璧なコーヒーへのこだわりで名高いエスプレッソ ビバーチェ、ライブミュージックとアートショーを開催しているアールデコ調のビクトローラ コーヒーなど、たくさんのコーヒーハウスがあります。 メープル リーフ地区のクラウド シティは、お子様専用コーナーや1カップ1ドルの「ストックバー」があり、ワイヤレス接続にも力を入れています。 本格派のコーヒーと豊富な食事メニューをお望みの方には、24時間営業の有名なベスズカフェがお勧めです。12個の卵を大胆に使ったオムレツをお楽しみください。

トピック: 書店, ワシントン, 西

この旅行プランは次の場所で見つかります。

1,000 Places to See in the United States & Canada Before You Die©

当サイトに記載されている場所の連絡先の詳細、アメリカ旅行のその他のアイデアは、ベストセラーとなっているパトリシア・シュルツの本でご覧いただけます。

ディスカバーアメリカへようこそ。

登録が完了したため、旅行プランをスーツケースに保存できるようになりました。

探索を開始する

メールアドレスを入力すると、パスワードをリセットするためのリンクが送信されます。

メールをご確認ください。

探索を開始する

アカウントのパスワードが正常に変更されました。 新しいパスワードを使用してログインしてください。

探索を開始する