このサイトでは、より快適に閲覧できるようCookieを使用しています。Cookie使用の詳細については、こちらをご覧ください。

x
OK
セント クロイ, アメリカ領ヴァージン諸島

バック島

水中のワンダーランドをシュノーケルで探訪する


セント クロイの付随島であるこの無人島は国立記念公園に設定されており、総面積77平方キロメートルのうち、わずか0.7平方キロメートルのみが陸地であとは海中となっています。ここでのシュノーケルは最高の体験です。 エルクホーンという品種の珊瑚礁が島の3分の2を取り囲み、視界30mほどのクリスタルのような透明な海中で深い洞窟を築いています。その深さは平均して4m近くあります。 バック島の北東端にはシュノーケルを楽しむ人たちが使うトレイルが蛇行していて、途中には説明のプレートが設置されています。 この自然公園には、ホークビル亀、ブラウン ペリカン、そして250種以上の魚など、さまざまな野生生物が棲息しています。

1950年代、ケネディ一家がバック島を訪れた際に、ジョンF.ケネディはその島にたいへん魅了され、1961年には大統領としてその地を米国の国立記念公園に設定し、完全な保護下に置きました。その後2001年、ビル・クリントン大統領がそれをさらに拡張しました。 バック島はカリブ海でも最も主要なシュノーケル地域と見なされていますが、セント クロイはウォール ダイビングで知られ、さまざまなレベルのダイバーを満足させています。 ソルト リバー渓谷とケーン湾では、珊瑚の庭園が6m付近から水深600mの‘大壁’まで続いています。

’バック島へのツアーは、セント クロイの北側の海岸、約8kmにある歴史的なデンマーク領の町、クリスチャンステッドから出発します。 車で東に5分ほど進んだところにあるバッカニアーにはピンクの邸宅風のビーチ リゾートがあります。これは、かつてはサトウキビのプランテーションでした。

’セント クロイは米領バージン アイランド最大の島ですが、その広さはわずか218平方キロメートルで、その大半が、今では廃屋となったかつての砂糖精製所が点在する田園地帯です。 ’島の西端のフレデリックステッドは訪れる価値があります。ウォーターフロントのカラフルなビストロ「Blue Moon」はケージャン風料理と高級ワインで知られ、毎週水曜日と金曜日、そして日曜日のブランチの時間帯にライブジャズが楽しめます。 ’世界最高の蒸留酒と言われ、今もセント クロイで醸造されているクルーザン ラムで作った「クルーザン コンフュージョン」をぜひご注文ください。

この旅行プランは次の場所で見つかります。

1,000 Places to See in the United States & Canada Before You Die©

当サイトに記載されている場所の連絡先の詳細、アメリカ旅行のその他のアイデアは、ベストセラーとなっているパトリシア・シュルツの本でご覧いただけます。

ディスカバーアメリカへようこそ。

登録が完了したため、旅行プランをスーツケースに保存できるようになりました。

探索を開始する

メールアドレスを入力すると、パスワードをリセットするためのリンクが送信されます。

メールをご確認ください。

探索を開始する

アカウントのパスワードが正常に変更されました。 新しいパスワードを使用してログインしてください。

探索を開始する