テキサス

マーファ

現代美術の世界に名だたる中心地を訪ねる


1971年、ミニマリスト芸術家ドナルド・ジャッドが大規模な彫刻作品を恒久的に展示するための場所を求め、ニューヨークを離れて西に向かいました。 彼はペコスの西にある小さな町マーファ、そして閉鎖された軍事基地フォート D.A.ラッセルを見つけました。ジャッドはここにチナティ財団を創設し、全米でも屈指の現代美術展示場としました。

近隣の山麓にちなんで命名されたこの財団は、芸術作品とそれを取り巻く自然を一体化させることに力を入れています。ここには、恒久展示を理念としたジャッドそして同様の志を持つドン・フラビンやクレス・オルデンバーグなどの11名の作品が豊富に収められています。 ’そのセンターピースとなっているのが、ジャッドの「100点のアルミの作品」で、100個のアルミの長方形が光と空間を組み合わせて素晴らしい効果を生み出しています。 ’屋外に展示されている「15点のコンクリートの作品」では、昼間の日差しを媒体として、長さ800m、4.8m x 2.4mの空洞のコンクリートが草原の上に影と光をゆっくりと織り成しています。

このチナティ財団のおかげで、1880年代に鉄道の給水地として生まれた人口2,000人のマーファの町は概念芸術の中心地となりました。 ’町の中央にあるレストランは牧場労働者とアート関連の書籍店の店員の両方に料理を提供し、1950年代に建てられたサンダーバード モーテルは簡素さとレトロを組み合わせて、芸術家の審美眼に応えるように改築されました。 ’また、1930年代に建てられ、後に修復されたエル・ペイザノ・ホテルは1950年代にジェームス・ディーンの遺作となった映画ジャイアンツの撮影に使用されました。

’町の東は「マーファの謎の光」が見られた地域です。これはジャッドがこの町を訪れる以前にマーファを有名にした出来事で、地平線に沿って未知の光が複数点滅したが誰もその光について解明できなかったというものです。 近隣のマクドナルド観測所でも地平線の彼方に目を向けていますが、こちらは定期的に星座を観察するスターパーティを開催しています。

この旅行プランは次の場所で見つかります。

1,000 Places to See in the United States & Canada Before You Die©

当サイトに記載されている場所の連絡先の詳細、アメリカ旅行のその他のアイデアは、ベストセラーとなっているパトリシア・シュルツの本でご覧いただけます。

ディスカバーアメリカへようこそ。

登録が完了したため、旅行プランをスーツケースに保存できるようになりました。

探索を開始する

メールアドレスを入力すると、パスワードをリセットするためのリンクが送信されます。

メールをご確認ください。

探索を開始する

アカウントのパスワードが正常に変更されました。 新しいパスワードを使用してログインしてください。

探索を開始する