Brownsville, テキサス

テキサス州ブラウンズビル: テクスメクス文化とフェスティバルがいっぱい

By Victoria Shepherd


テキサス州の南端、リオ グランデ川のほとりに栄えるブラウンズビルは、独自の文化を持つ楽しいコミュニティで、常にワクワクするような新しいことに出会えます。 亜熱帯気候で数日間愉快な休暇を過ごしたいと考えているのなら、多文化のブラウンズビルはまさに理想的な街です。

人生はいつだってフィエスタ

楽しいひとときは、ブラウンズビルでは当たり前。 家族全員が楽しめるようなフェスティバルやイベントがこれでもかと催されては、一年を通じてさんさんと降り注ぐ太陽を享受しない理由はありません。 大人気のイベントのひとつは、国境の街ブラウンズビルと、メキシコのマタモロスの両市で国境をまたいで 4 日間開催されるフェスティバル、チャロ デイズです。チャロ デイズは、3 日間のソンブレロ フェスティバルと平行して祝われます。 音楽を愛する人には、無数のアーティストが舞台に上がるラテン ジャズ フェスティバル、スリルを求めている人や子供連れの家族には、航空ショーのエア フィエスタがおすすめです。

美術館と博物館がいっぱい

滞在中、いずれのフェスティバルに参加するにせよ、幅広い美術館や博物館、見どころが集まったブラウンズビルの文化地区は、格好のスタート地点となるでしょう。

ミッテ カルチュラル エデュケーション センターには、コスチュームズ オブ アメリカズ ミュージアムが併設されています。 同博物館には、先住民の民族衣装をはじめ、南北アメリカの衣装や宝飾品が展示されています。

または、ブロンズビル美術館に立ち寄ってもよいでしょう。この美術館の 1,500 平方メートルを超えるスペースでは、アレクサンダー カルダーやマルク シャガールといったアーティストの作品を展示した常設展の他、『キング ツタンカーメン、エジプシャン トレジャー』展やホルヘ マリンの『ウィングス オブ ザ シティ』展といった特別展も開かれます。

そして、その後は、ブラウンズビルの真ん中に位置する亜熱帯のオアシス、グラディス ポーター動物園へ。 街の中心にいるとは、にわかには信じられないと思いますよ。 植物が茂る 10 万平方メートルの敷地には、1,500 種類を超える動物が暮らしています。また、新たにラッセル アクアティック センターも建てられました。この動物園では、数時間があっという間に過ぎてしまうでしょう。

自然と歴史がいっぱい

もっとアウトドアを楽しむなら、車でサバル パーム サンクチュアリまで行き、バードウォッチングや自然に浸りましょう。 このサンクチュアリには 8 km 以上に及ぶウォーキング コースがあり、バードウォッチングを目的としたガイド付きのウォーキングも毎週行われています。 2 平方キロメートルを超える敷地は、テキサス州南部に生息する美しい生き物たちの住処となっています。

それから、旅の連れに歴史好きの方がいるのなら、ブラウンズビルの文化地区からパロ アルト戦場国立史跡まで続く 15 km ほどのヒストリック バトルフィールド トレイルを辿ってみては。 1846 年の米墨戦争初戦の戦地となった場所です。

この世界の片隅には、誰もが楽しめる要素がひしめいています。 一緒にフィエスタを楽しみませんか。次にアメリカを訪れるときは、テキサス州ブラウンズビルを旅程に含めることをぜひお忘れなく。

詳細はこちらから:

Official Brownsville Travel Information

ディスカバーアメリカへようこそ。

登録が完了したため、旅行プランをスーツケースに保存できるようになりました。

探索を開始する

メールアドレスを入力すると、パスワードをリセットするためのリンクが送信されます。

メールをご確認ください。

探索を開始する

アカウントのパスワードが正常に変更されました。 新しいパスワードを使用してログインしてください。

探索を開始する