ナッシュビル, テネシー

テネシー州ナッシュビル: 本場のミュージック シティが奏でる魅力

By Heiko Obermoeller


テネシー州ナッシュビルといえば音楽の都。ジャズ、カントリー、ブルーグラス、ロック、ポップスからクラシックまで、ミュージックホールの数は 120 を超えます。 しかし、この街の魅力は音楽にとどまりません。独特の雰囲気と見所にあふれるミュージック シティ。ぜひ自分の目と耳で確かめてみたいと心待ちにしていました。

カントリー ミュージック殿堂博物館

カントリー ミュージック殿堂博物館を抜きに、ナッシュビル観光は語れません。 この壮大で豪勢な建物は世界最大のポップス博物館といわれていますが、実際に訪れてみるとそう呼ばれる理由も納得するはずです。 館内では数時間があっという間に過ぎ、それでも見足りないくらいでした。

館内にはありとあらゆる展示がありますが、中でも面白かったのがスター愛用の貴重なコレクションです。車、マイクからステージ衣装まで、懐かしのカントリー ミュージック シーンが色鮮やかによみがえります。 レストランやショップもお見逃しなく。殿堂を訪れたよい記念になるでしょう。

夢のようなミュージック ツアーを楽しみたい人には、RCA スタジオ B ツアーがおすすめです。毎日この博物館から参加できます。 かつてエルビス プレスリーが 200 を超える楽曲を録音した、RCA スタジオ B。「ナッシュビル サウンド」の発祥地と呼ばれるのもうなづけます。 ロイ オービソン、ドリー パートン、チェット アトキンス、ウィリー ネルソンといったクラシック カントリー、ポップ ミュージシャンも、ここから数々のヒット曲を生み出しました。

センテニアル パークとチークウッド植物園

軽いランチの後に向かったのが、ナッシュビルのウェストエンド/ヴァンダービルトにあるセンテニアル パーク。花壇が続く色鮮やかな道を通って小さな橋を渡ると、その先には威風堂々たる「パルテノン神殿」が建っています。ギリシャを代表する遺跡のレプリカがあるのは世界でもここだけです。 小道はきれいに整備されており、歩くにもランニングやサイクリンクにも最適です。 みごとに刈り入れられた芝生が広がり、家族でのピクニックにもぴったりです。

次に車で向かったのは、チークウッド植物園です。22 万平方メートルに及ぶ自然豊かな植物園の中には美術館もあります。この美術館は、元はレスリー & マーベル チーク夫妻の邸宅でした。 屋外展示のデービッド ロジャース作品、「ビッグ バグズ」には圧倒されました。蟻、蜘蛛、カマキリといった昆虫が巨大な木製の彫像となって迫ってきます。 このほか、12 箇所のテーマガーデンがあり、 静寂な日本式庭園では心から安らぎを覚えました。

地元のブルワリーめぐり

ナッシュビルおすすめと聞いて訪ねたのが地ビール醸造所。当たりでした。 ブラック アビー ブリューイング カンパニーでは、歴史を学びながら醸造所を見学し、 もちろん、お約束の看板ベルギービールの試飲もしました。 次のテネシー ブリュー ワークスでは、地元のアーティストがライブ演奏するバーで休憩。これぞナッシュビル スタイル、ビールとおつまみでいい気分でした。

ナッシュビルは魅力的な旅行先。音楽と観光スポットがひしめく活気に満ちた街です。

詳細はこちらから:

ナッシュビルのオフィシャル トラベルサイト

ディスカバーアメリカへようこそ。

登録が完了したため、旅行プランをスーツケースに保存できるようになりました。

探索を開始する

メールアドレスを入力すると、パスワードをリセットするためのリンクが送信されます。

メールをご確認ください。

探索を開始する

アカウントのパスワードが正常に変更されました。 新しいパスワードを使用してログインしてください。

探索を開始する