このサイトでは、より快適に閲覧できるようCookieを使用しています。Cookie使用の詳細については、こちらをご覧ください。

x
OK
ヒルトン ヘッド アイランド, サウスカロライナ

ヒルトン ヘッド アイランドの史跡

By Serena Lorien


ヒルトン ヘッド アイランドは、サウスカロライナ州の南東部沿岸に位置する人気の観光スポットです。 地球に優しい生活とくつろいだライフスタイルが根付いていることでも知られています。 この美しい島の高層ビルの上には保護対象のウミガメも生息しています。 ヒルトン ヘッド アイランドは総じて、多くの現代都市には見られない配慮の心やクラス感、プライドがあります。 しかし、この島の魅力はその地球に優しい生活を送るという理想や美しいビーチだけではありません。豊かな文化や奥深い歴史もあります。

不思議な環状貝塚

1663 年、イギリス人船長のウィリアム ヒルトンがヒルトン ヘッド アイランドを発見した際、そこに既に居住していたネイティブ アメリカンであるエスカマカス族とヤマシー族に遭遇しました。 しかし、不思議な環状貝塚が見つかったことから、この島にはそれ以前に文明が存在していたことがわかりました。幅 73 メートル、高さ 3 メートルのこの史跡は、今でもヒルトン ヘッド アイランドで見ることができます。 この環状貝塚は保護対象となっており、現在、ヒルトン ヘッドの歴史を物語るこれらの興味深い遺物は、シー パインズ フォレスト自然保護地域とスクワイヤ ポープ ロードから少し離れた島の北端にあるグリーン シェル パークで見ることができます。

コースタル ディスカバリー博物館で学習する自然史

次は、1985 年に設立されたコースタル ディスカバリー博物館で楽しさに満ちた学習体験をしてみませんか。ここでは、ガイド付きで博物館内を巡りながら展示物を見ることができ、ローカントリーの自然史と文化遺産について楽しく学べるようになっています。 有名な展示の 1 つに、13 種類の島固有の蝶を集めた蝶園があります。 アカウミガメの夜間公開も開催されています。

ミッチェルビル フリーダム パークでタイムスリップ

同地を訪れる機会があったら、近年に史跡保護地域となったミッチェルビル フリーダム パークを散策することをお勧めします。 ミッチェルビル フリーダム パークは、南北戦争後の解放奴隷のためのアメリカ初のコミュニティであった史跡の一部を保存することを目的に、2005 年にヒルトン ヘッド アイランドの住民によって作られました。 小道を歩いて桟橋沿いのあずまやにたどり着いた後、私は沼地を見渡しながら、この深淵な土地の歴史に思いを馳せました。

ヒルトン ヘッド アイランドのガラ族の歴史

私はそれまでガラ族について聞いたこともありませんでした。ガラ族がローカントリーに居住する奴隷にされたアフリカ人の子孫であることを知ったのは、ヒルトン ヘッド アイランドのガラ リトル ハウス ミュージアムを訪れてからです。 2003 年にガラ族の歴史と文化を保存する非営利団体を設立したルイーズ ミラー コーエンさんからガラ族の伝統や風習、民謡、建築について学ぶことができたのは非常に有意義な体験でした。 ガラ族の伝統についてさらに詳しく知りたい方は、ガラ族伝統ツアーに参加することをお勧めします。4 世代にわたるガラ族の人々が島を案内するとても面白いツアーです。

歴史的なプランテーションから、アメリカ南北戦争時代から残る要塞、古い教会や心霊スポットに至るまで、このこじんまりとした古風な島で新たな歴史を発見してください。 偉大で多様な歴史や文化、美しいビーチ、美味しい食べ物、魅力的なアウトドア アクティビティに恵まれたヒルトン ヘッド アイランドは、 理想的な観光スポットです。

詳細はこちらから:

Hilton Head Island Visitor and Convention Bureau

ディスカバーアメリカへようこそ。

登録が完了したため、旅行プランをスーツケースに保存できるようになりました。

探索を開始する

メールアドレスを入力すると、パスワードをリセットするためのリンクが送信されます。

メールをご確認ください。

探索を開始する

アカウントのパスワードが正常に変更されました。 新しいパスワードを使用してログインしてください。

探索を開始する