ボストン, マサチューセッツ

スポットライト:国定清教徒上陸記念像

マサチューセッツ州プリマスへの旅…真のアメリカの目的地


1620年にプリマスロックに到着したメイフラワー号の入植者を偲ぶために建てられ、清教の寓話の登場人物数名をモデルにした高さ25mの花崗岩の彫像のある州立公園です。ボストンの建築家、イラストレーター兼彫刻家だったハメット・ビリングスによるこの記念碑は、1888年に完成しました。

どこにあるの?

以前はピルグリム記念碑と呼ばれていた国定清教徒上陸記念像は、マサチューセッツ州プリマスのアラートンストリートにあります。

アクセス

ニューイングランドは風光明媚なところです。ボストン、コネチカット、ロードアイランド、又はニューヨークまで飛行機で、その後はレンタカーでドライブです。北からでも南からでもルート3を使い、プリマスでルート44に乗り換えます。そのまま44をウォーターフロントに向かって走ります。

お勧めスポット

滞在中に、プリマスハーバーにあるプリマスロック、景観を考えて設計されたそのウォーターフロント、そしてメイフラワー号のレプリカであるメイフラワーII世号を訪れましょう。この二つの史跡があってこそのピルグリム・メモリアル州立公園なのです。

体験しよう

ケープコッドへの玄関口となるケープコッド運河までボートに乗ってみましょう。最初の入植者だったジョン・ジェニーによって1636年に建設されたジェニーグリストミルで巨大な水車が石臼を回す様子を見学した後は、入植者墓地のベリアルヒル、それとも17世紀半ばにできた、それ自体が歴史的な家屋博物館でギャラリーでもあるスパロウハウス陶芸館を訪れるのも。

お忘れなく

ニューイングランドは季節がいつであろうと、しかもここに来るのが初めてなら、どんな天気にも対応できる覚悟で来てください。気候は、ぶるぶる、じめじめ、うららか、さわやかのうちどれになってもおかしくないので、お天気には注意して、驚かないようにしてくださいね。

準備は何を?

夏場なら日焼け止めとビーチグッズを持って行きましょう。ケープコッドはすぐそこですからね。冬場はニューイングランドの山々でスキーができるので、冬支度で来てください。秋と春は天候しだいなので、柔軟な支度で出かけましょう。秋の紅葉は国内でもトップレベルの名所ですし、春は緑が豊かです。


文:クリスティーナ・スキャナピエゴ
Recreation.gov

ディスカバーアメリカへようこそ。

登録が完了したため、旅行プランをスーツケースに保存できるようになりました。

探索を開始する

メールアドレスを入力すると、パスワードをリセットするためのリンクが送信されます。

メールをご確認ください。

探索を開始する

アカウントのパスワードが正常に変更されました。 新しいパスワードを使用してログインしてください。

探索を開始する