スポットライト: アメリカの自然原野

「自然原野法」成立50周年記念を祝して


アメリカには自然原野の魅力をたっぷり堪能できるスポットや風景―山林、高山草原、樹木限界線を見下ろす岩山、ツンドラ、溶岩層、砂漠、沼地、沿岸地帯、島々―が多数あります。

みどころ

自然原野の中で過ごす体験は、現代生活から遠く離れた時間や空間へと私達を導いてくれます。誰とも接触しない長時間のハイキング、ホワイトウォーターの水しぶきを浴びながら、豊富なワイルドライフを満喫するリバーラフティング、バックパック1つで森林の奥にテントを張るキャンプは、決して忘れることのない人生の思い出を届けてくれます。これら“無制限”の場所では、時間に追われる毎日の生活を忘れ、自分の存在よりも偉大な自然の驚異を再確認するチャンスを与えられます。お近くの自然原野をぜひ体験してみてください。

セレブレーションに参加しよう

50周年記念を祝福するコミュニティー・イベントが全国各地で企画・開催されています。これらのイベントは私達が自然原野から受けるクリエイティブで意義深いインスピレーションの素晴らしさを教えてくれます。アートの展示会、音楽コンサート、スノーシュー小旅行、ワークショップ、ハイキング、その他多数のアクティビティーが年間を通じて開催されています。

確認事項

事前に計画を立てて、万端な準備を整えましょう!自然原野の旅やキャンプには事前の計画、適切な必需品や地図の用意が必要となります。以下はクラマス国有林が提案する有益なアイデアです。

自然原野では“注意して行動すること”を実践しましょう。その土地に与える影響を十分に考え、“痕跡を残さないこと”を厳守しなくてはなりません。

自然原野の紹介

プエルトリコのエルユンケ国有林の一部として知られるエル・トロ自然原野は、原生自然保全制度に含まれる唯一の熱帯雨林です。1万エーカー(4,046ヘクタール)の広さを誇るエリアは、島の際立った特徴である最も高い峰に因んで名づけられました。この場所を訪れた際には、水泳、ワイドライフ鑑賞、バードウォッチング、原始的なキャンプやハイキングをお楽しみください。

知っていますか?

1964年9月、リンドン・B・ジョンソン大統領によって「自然原野法」が可決され、直ちに910万エーカー(3,682,639ヘクタール)の土地を含む34エリアが自然原野として認定されました。自然原野法は国会が領域を新しく認定する際の基準となり、保全制度の50年間におよぶ歴史において、プエルトリコを含むアメリカ合衆国44州の全757エリアが自然原野として認定されました。1億1千万エーカー(44,515,420ヘクタール)に及ぶ土地が含まれるエリアはアメリカ全土のおよそ5%に当たり、その半分はアラスカに位置しています。

 

文:ジャネル・スミス
Recreation.gov


ディスカバーアメリカへようこそ。

登録が完了したため、旅行プランをスーツケースに保存できるようになりました。

探索を開始する

メールアドレスを入力すると、パスワードをリセットするためのリンクが送信されます。

メールをご確認ください。

探索を開始する

アカウントのパスワードが正常に変更されました。 新しいパスワードを使用してログインしてください。

探索を開始する