水中の墓地


レジャー目的のレックダイバー(難破船を見に潜るダイバー)向けに、水面の下で歴史的な難破船が巨体をさらし、それを対象にした興味深い水中体験が繰り広げられている海辺のスポットや淡水湖をいくつかご紹介します。五大湖やグアム島、東海岸から西海岸までのさまざまな場所の海洋保護区や国立公園を取り上げながら、アメリカの海の歴史を探っていきましょう。

ここで取り上げた以外の水中探検のおすすめスポットは、National Parks Submerged(水中国立公園)の地図をご覧ください。またほかのマリンダイビングについては、国立海洋保護区が発行しているdiving brochure(ダイビングご案内のパンフレット)をご利用ください。

難破船が見られる場所では写真を撮るだけにとどめ、元の状態は一切変えないようにしてください。こうした船は我々の歴史を知る手だてとなるものであり、誰もが手つかずの状態のものを見学できるのがベストです。ダイビングの許可証が必要かどうかは地元の職員に確認してください。

カリフォルニア州

チャネル諸島国立海洋保護区

カリフォルニア州南岸の沖合に広がる1660平方マイル (2672 km)の海洋・沿岸生息地から成るのがChannel Islands National Marine Sanctuary(チャネル諸島国立海洋保護区)です。この一帯のmaritime heritage(海事遺産)は膨大な数にのぼり、リストによれば1853年~1980年にかけて140隻を超える船の難破が記録されていますが、現在までに場所が特定できているのは20隻しかありません。この一帯は天気が変わりやすく、諸島付近で難破が多いのはおもにこのためです。

グアム島

太平洋戦争国立歴史公園

気温・水温ともに華氏80度(摂氏27度)前後のグアム島はダイバーに人気の場所です。Pacific National Historical Park(太平洋戦争国立歴史公園)はこの島が戦略上重要な位置にあり、アメリカ史においても重要な役割を担ってきたことを今に伝えています。1941年の真珠湾攻撃とそれに引き続く日本のグアム占領を経て、1944年にアメリカが再びグアムに侵攻するまでの期間をおもなテーマにした公園です。沈没船の多くは日本のものです。

マサチューセッツ州

ケープコッド国立海浜公園

ここは「海の墓場」とも呼ばれ、ケープコッド沿岸部では3000隻を超える難破船が記録されています。ダイビングスポットの大部分は公園の域外にありますが、レックダイバーには、アメリカの海事遺産の重要な部分を探る恰好の機会を与えてくれる公園と言えます。この一帯でのダイビングをおこなう前には「あらかじめ知っておく」ことがとても大事です。現地のさまざまな状況を前もって確認し、地元のダイビングの専門家に話を聞いておきましょう。

ステルワーゲンバンク国立海洋保護区

ケープコッドの北に位置するステルワーゲンバンクは南北19マイル(31km)にわたって続く水中の高台状の場所で、その幅は6マイル、水深は100~120フィート(30~37m)に達します。このStellwagen Bank National Marine Sanctuary(ステルワーゲンバンク国立海洋保護区)には、歴史的に有名な近代の沈没船数隻が海事遺産として保存されています。マサチューセッツ湾と外海が接するこの海域はダイビングには難しいかもしれませんが、挑戦するだけの価値はあります。この保護区の観光案内は当サイトのSpotlight Article(特集記事)をご覧ください。

ミシガン州

スリーピングベアー国立湖畔公園

Sleeping Bear National Lakeshore(スリーピングベアー国立湖畔公園)に行ったら、沈没船を探索し、形を変え続ける砂丘の中から多くの船が姿を現す湖畔を散策してみてください。ミシガン湖の岸辺にあるこの公園には、難破船や海事関連の設備を見ることができるレジャー目的のダイビングスポットが33箇所あります。

ピクチャード・ロックス国立湖畔公園

ミシガン州北部のスペリオル湖の岸辺には岩石層があり、このため、Pictured Rocks National Lakeshore(ピクチャード・ロックス国立湖畔公園)はいちおうは地上の目的地ということになっていますが、この岩層は水中へと続いています。水が澄んでいるため、この一帯では視界良好の状態でダイビングができます。記録ではこの湖畔で21隻の船が難破していますが、そのうち場所が特定できているのは13隻です。

ロイヤル島国立公園

Isle Royale National Park(ロイヤル島国立公園)周辺の冷たい水の中には、1800年代後半の初期の蒸気船から1940年代のものまで、大型の難破船10隻が眠っています。スペリオル湖に浮かぶロイヤル島は、全長45マイル (72.4km)、幅2~6マイル (3.2km~9.6km)にわたって手つかずの自然が残る島です。島周辺の水は澄んでいて、水深50フィート(15.2m)地点の水温は年間を通じて2度を保っています。

サンダー ベイ国立海洋保護区

1907年11月23日、ヒューロン湖北西部で数時間にわたって強風との格闘したのち、ようやく平静さを取り戻した木造蒸気船モノハンセット号(Monohansett)の乗組員を待っていたのは、火災とそれに続く船の沈没でした。12人の乗組員は全員、安全な場所へ逃れることができました。現在、透明度の高い水深18フィートの場所で、モノハンセット号の鋼鉄製のプロペラと船体の下の部分が確認できます。帆船から蒸気船まで、また水深の浅い場所から深い場所にかけて、身元が確認されている50隻余りの難破船が眠るThunder Bay National Marine Sanctuary(サンダー ベイ国立海洋保護区)は、レックダイバーあこがれの地です。

ニューヨーク州とニュージャージー州

ゲートウェイ国立保養地とファイヤーアイランド国立海浜公園

ニューヨーク市の中心部からほんの短時間の「レック・アレー」(“難破船横町”)と呼ばれる一帯は、レックダイバーにとって楽園のような場所です。意外にもその玄関口となっているのは、Gateway National Recreation Area(ゲートウェイ国立保養地)とFire Island National Seashore (ファイヤーアイランド国立海浜公園)で、ここから、水中に数百隻の難破船が点在するエリアへと入っていきます。ほかにも公園の域外に、蒸気船サンディエゴ号やオレゴン号、ブラックウォリアー号、モホーク号、アンドレア・ドリア号といった有名な難破船が眠っています。

ノースカロライナ州

ハッテラス岬国立海浜公園

「大西洋の墓場」と呼ばれるCape Hatteras National Seashore(ハッテラス岬国立海浜公園)とアウター・バンクスはレックダイバーあこがれの地です。この地の地形・天候・潮の流れが航行に危険な状況を生み出し、その結果、多くの商船が難破しました。第二次世界大戦中はドイツ軍による攻撃で、80隻余りの船が沈没しました。難破船はほかに砂丘でも見られます。砂丘の状態によっては、

時間と浸食の相互作用で船体が徐々に損なわれていき、最後に骨組みだけになった船を見ることができます。

ワシントン州

オリンピック国立公園とオリンピック海岸国立海洋保護区

自然が手つかずの状態で守られている、Olympic National Park(オリンピック国立公園)の73マイル(117km)にわたって続く海岸地帯は、かけがえのない景勝地であると同時に、Olympic Coast National Marine Sanctuary(オリンピック海岸国立海洋保護区)の玄関口でもあります。ダイビングは、ビーチからのエントリーはできませんが、沖合の海洋保護区内でのボートダイビングでは、海底に眠る150隻余りの過去の難破船の存在を目の当たりにすることができます。1900年代には今より多くの船がピュージェット湾に出入りしていたこともあり、ほとんどの船はこの海岸線沿いで難破していますが、その最大の要因には天候が挙げられます。

ウィスコンシン州

アポスル島国立湖畔公園

スペリオル湖の22の島々にまたがるApostle Islands National Lakeshore(アポスル諸島国立湖畔公園)には、100隻を超す難破船から成る20カ所以上の沈船ポイントがあり、その多くはダイビングにも最適です。

この一帯の水は危険なほど冷たく、あっという間に天気が変わることもあります。当公園によるThings to Know Before You Go(「出発前に知っておくこと」)に目を通し、旅の計画に役立てましょう。



ディスカバーアメリカへようこそ。

登録が完了したため、旅行プランをスーツケースに保存できるようになりました。

探索を開始する

メールアドレスを入力すると、パスワードをリセットするためのリンクが送信されます。

メールをご確認ください。

探索を開始する

アカウントのパスワードが正常に変更されました。 新しいパスワードを使用してログインしてください。

探索を開始する