特集:アイダホ州とオレゴン州の4河川

利用に抽選が課される人気の4河川-アイダホ州のセルウェイ川、サモン川、サモン川支流が合流するミドルフォーク、オレゴン州のスネイク川


この一帯は自然保護区としては全米ではデスバレーに次ぐ広さがあり、道路を除く面積は330万エーカーに及びます。一帯に広がる山々を隔て、分断しているのが、周囲の景観に勝るとも劣らないスケールの大きな河川の数々です。 針葉樹林、広々とした乾いた白砂の岸辺、キャンプ場、ナマズ、 バス、 サケ、 ニジマス、 クーガー、グレイウルフ(grey wolves)、1800年代に建てられた古い石造りの家のなごり 、アメリカ先住民による岩絵、開拓者の家屋敷、イヌワシ、 松の香り漂う朝、満天の星が輝く夜空。このどれもがここではごく当たり前に見られます。

みどころ

リバー・オブ・ノーリターン(帰らざる川)自然保護区という名がついたのはずっと昔、つまり、カヤックや川用ゴムボートに乗る目的がスリルを味わうというただその一点になる前のことです。開拓者や金の採掘者、アメリカ先住民らは必要に迫られて川を渡っていきましたが、無事に戻ることはありませんでした。

1984年、アメリカ上院議員フランク・チャーチ氏に敬意を表し、保護区に新たな名がつけられました。チャーチ氏は、川を「自然の流れのまま」の状態で保護することで、「周囲の環境が守られ、現在と未来の世代がその恩恵と楽しみを享受できるようにする」という自然景観河川法を導入しました。サモン川の本流はこの一帯を流れています。

ミドルフォークとそこからの100マイルに及ぶ急流はサモン川の支流ですが、このサモン川自体もまた、スネイク川のおもな支流です。この一帯には天然の温泉が6カ所で湧いています。

オレゴン州にあるスネイク川の別名「地獄の峡谷」は、ショショーニ族とネズパース族が、彼らの生活の糧であった豊富な魚を指して言った言葉を、白人の探検家たちが誤って「スネイク(蛇)」と解釈したことに由来します。スネイク川はコロンビア川の最大の支流です。

セルウェイ川は、アイダホ州北部のセルウェイ-ビタールート自然保護区内を流れています。以上の川はすべて、全米自然景観河川法の対象となっています。

アクセス

最寄りの空港はアイダホ州ボイシにあります。シャトル便や航空便、装備のレンタルや各種サービス業者に関する名称、住所、電話番号は近隣市町村の商工会議所へ問い合わせるか、www.visitidaho.orgをご覧ください。

確認事項

自然を大切にしましょう。ガイドの指示、約束事、許可証関連の規則には必ず従ってください。キャンプは責任とモラルを持っておこなうこと。また飛び込みや遊泳は、急流がすべて途絶えた、流れのない水たまり状のところでおこないましょう。水温が高く、天候もほぼ申し分ないのは夏いっぱいと秋にかけての時期です。

こんなプランも

急流下り、ジェットエンジン付きボート、キャンプ、釣り、ハイキングに加え、一日かけて名所旧跡を訪ね歩き、ネズパース族とその祖先のゆかりの地について知るのもよいでしょう。

お忘れなく

自分が出したごみは持ち帰ること。真水が自然の状態で流れている場所では、たとえ生物分解性のものであっても石けんは使用しないこと。

準備しておくもの

キャンプ用の食材とともに、クマから食糧を守るものも持って行ったほうがよいでしょう。各自のプランに合わせ、フライフィッシング用の釣り具、水着、日焼け止め、乾きやすい服などを準備して出かけましょう。


文:クリスティーナ・スキャンナピエゴ

Recreation.gov


ディスカバーアメリカへようこそ。

登録が完了したため、旅行プランをスーツケースに保存できるようになりました。

探索を開始する

メールアドレスを入力すると、パスワードをリセットするためのリンクが送信されます。

メールをご確認ください。

探索を開始する

アカウントのパスワードが正常に変更されました。 新しいパスワードを使用してログインしてください。

探索を開始する