このサイトでは、より快適に閲覧できるようCookieを使用しています。Cookie使用の詳細については、こちらをご覧ください。

x
OK
コロラド

特集:高くそびえ立つコロラドの山々

コロラド州ロッキー山脈南側の山々が人々を登山に駆り立て、いざなう


北米コルディレラの名で知られ、ドラマチックな隆起を見せるロッキー山脈南部の高山群には、登山家たちが愛情をこめて「フォーティーナーズ」と呼ぶ、標高1万4000フィート(4267メートル)超の山が54峰にわたって連なっています。コロラドならではの壮麗な山並みは世界中の人々を惹きつけ、この地のフォーティーナーズへの登山者数は毎年50万人近くに達します。けれども、これより標高が低くて登山者数も少ない1万1000フィート、1万2000フィート、1万3000フィート級の山々も同じようにすばらしく、フォーティーナーズに決して引けを取らない堂々とした眺めを見せてくれます。

アクセス

ロッキー山脈南部は、コロラド州北部から州中部を経て、南部の州境へと続いています。この山脈の高い峰々をめざすには、数多くある山あいの小さな町からのルートと、コロラド州中部に点在する人里離れた登山口からのルートがあります。緯度と経度の記載を含むフォーティーナーズの全リストはこちらです。US Forest Service, Rocky Mountain Region (アメリカ農務省山林局、ロッキー山脈地域)。また以下のコロラド州内のすべての森林公園でも、ハイキングその他のレクリエーションが楽しめます。Arapaho and Roosevelt(アラパホーとルーズベルト国立森林公園)、Grand Mesa, Uncompahgre and Gunnison(グランドメサ、アンコンパーグレ、ガニソン国立森林公園群)、Pike and San Isabel(パイクとサンイザベル国立森林公園)、Rio Grande(リオグランデ国立森林公園)、Routt(ラウト国立森林公園)、San Juan(サンフアン国立森林公園)、White River(ホワイトリバー国立森林公園)。

宿泊

コロラド州のフォーティーナーの近くにはキャンプのできる場が多く設けられています。レクリエーション・ガブでは数多くのlocal campgrounds(地元のキャンプ場)の予約がRecreation.govで、できます。また先着順のキャンプ場もあります。登山後にキャンプ場へ戻り、疲れた足を休めたら、周りの人にもぜひフォーティーナー征服の冒険談を話してあげてください!

確認事項

高い山々を歩く前にぜひ知っておいてほしいことがあります。地図で下調べをして登山ルートを計画し、悪天候や、けが・病気の場合に備えて緊急時の対策を立てておきましょう。どこを歩き、いつ戻る予定なのかを周囲の人にきちんと伝えておいてください。行き先がフォーティーナーの場合は、早い時間(夜明け前)に出発し、たとえ頂上までたどりついていなくても、遅くとも正午には下山をする心づもりでいてください。

また、山での楽しい一日を一瞬にして、すばやい対応が必要な緊急事態へと変えてしまう恐れがあるのが高山病です。体調を維持しながら登山をする秘訣を、事前に調べておいてください。

お忘れなく

高山の土はダメージを受けやすく、コース以外の場所を歩かれると元の状態に戻るまで何年もかかることがあります。そこで結成されたのが非政府組織Colorado Fourteeners Initiative(コロラド・フォーティーナーズ構想)で、周囲の環境になるべく影響が出ない山歩きをするよう呼びかけ、高山のような特殊な場所について人々に知ってもらい、ボランティアと共に高地へ行き、ハイキング客の影響で荒れたコースや登山道を元の状態に戻す活動をおこなっています。

出発準備

高い山に登る際には前もって計画を立て、準備をしておくことが必要です。グループで行動し、決して単独では登らないこと。グループでいちばん体力のない人の力を把握しておきましょう。

ほかに、フォーティーナーほど知られておらず、標高が低めの山ながら、同じくすばらしい景色が望め、場合によっては混雑もそれほどでない山々も候補に入れてみましょう。デンバーにあるOutdoor Recreation Information Center(アウトドア・レクリエーション・インフォメーションセンター)には、さまざまなハイキングコースの情報が揃っています。またColorado Mountain Club(コロラド・マウンテン・クラブ)も、自然保護区での各種アクティビティー、学習プログラム、グループで楽しむ山の冒険などの情報が充実しています。

知っていますか?

コース以外の場所を歩くと、古い時代の土がだめになってしまいます。標高12000~14000フィートの場所では、1インチの土の再生に1000年かかるとも言われています。高山ツンドラ帯では、土壌のおかげで青々とした植物も育ちますが、そこを人が通ると植物が掘り返されて古い時代の土がむきだしになり、この土が流れてなくなると後には岩盤しか残りません。


文:ジャネル・スミス

Recreation.gov



ディスカバーアメリカへようこそ。

登録が完了したため、旅行プランをスーツケースに保存できるようになりました。

探索を開始する

メールアドレスを入力すると、パスワードをリセットするためのリンクが送信されます。

メールをご確認ください。

探索を開始する

アカウントのパスワードが正常に変更されました。 新しいパスワードを使用してログインしてください。

探索を開始する