このサイトでは、より快適に閲覧できるようCookieを使用しています。Cookie使用の詳細については、こちらをご覧ください。

x
OK
オクラホマ

オクラホマのカウボーイ文化

本当のカウボーイに会う


牧畜業者とカウボーイは、オクラホマシティに着くとまっすぐにストックヤードシティのメインストリートに向かいます。このストックヤードシティは、馬具類の専門店や西部風衣料品店がびっしりと立ち並ぶ、中心街にある小売地区です。 この地区は、毎週月曜日と火曜日に家畜の競り市を見学することができる、世界最大級の畜産/飼育業者の市場であるオクラホマ国立ストックヤードのすぐ隣にあります。

取引を終えると、皆それぞれ、オクラホマ州で一番有名な西部風ステーキハウス「キャトルメンズ レストラン」に向かいます。 最も人気のあるカットはリブアイで、高温の炭火ですばやく焼いた肉に塩辛いソースをかけ、自家製パンのパーカーハウスロールといっしょにいただきます。 元祖「1910カフェ」は朝食に人気ですが、夕食には1960年代風の「サウスダイニングルーム」が人気があります。 赤いビニールのブースに座って、バックライトで壁一面に照らし出される2人のカウボーイがブラックアンガスを集める様子をお楽しみください。 このうちの1人は、1945年にクラップスというゲームでここを勝ち取り、1990年まで経営したジェーン・ウェイドです。

国立カウボーイ&ウエスタンヘリテージ博物館ではオールドウェストがよみがえります。 アメリカンカウボーイギャラリーでは、アメリカで働くカウボーイの歴史がわかります。また、西部芸術家の良質な常設展示、特にチャールズ・M・ラッセルとフレデリック・レミントンの作品をお楽しみいただけます。 5月のメモリアルデー(戦没者追悼記念日)の週末にこの博物館で毎年開催される「チャックワゴン集会&子供のためのカウボーイフェスティバル」では、牧場の人々によってカウボーイの食事が用意されます。

オクラホマには、39部族のネイティブアメリカンが住んでいます。 6月に訪れると、この地で行われるパウワウや毎年恒例で3日間にわたり開催される「レッドアースネイティブアメリカン文化フェスティバル」をお楽しみいただけます。 100を超える部族出身の1,200人以上のネイティブアメリカンの芸術家やダンサーが合衆国とカナダ全体から集い、儀礼舞踏の競技、伝統衣装でのパレード、買うことはもちろん見て歩くだけでも楽しい市場などに参加します。

最高のオールドウェストをそのまま保存する、トゥルサにあるギルクリース博物館はクリークインディアンの血を8分の1継ぐ人物の永遠の遺産です。彼はトゥルサの南32kmにある彼の土地650,000㎡で石油が発見され思いがけない富を得ました。 このトマス・ギルクリースは、1922年に石油会社を起業し、その収益をアメリカ西部をテーマとした美術、工芸、保存記録の世界最大のコレクションの収集に惜しげもなくつぎ込みました。 (ギルクリース博物館の収蔵品は、矢じりや陶器の欠片などをすべて数えると327,000品に上ります。)

ギルクリースは他に目を向ける人がいない時代に西部の芸術品を購入し、瞬く間に大きなコレクションを築き上げました。 しかし、1950年代に石油価格が暴落したとき、ギルクリースの深く幅広い趣味は彼の支払い能力を超えてしまいます。 ギルクリースは借金を返すため、作品単位での売買ではなく、トゥルサの街にコレクション全体を手渡すかわりに225万ドル(145万ポンド)の市債を発行してもらうという取引を行いました。 ギルクリースは、市債が払い戻されるまでの間、自分の石油取引での収益を博物館の維持費としてつぎ込み、1962年に亡くなったとき借金はありませんでした。

この旅行プランは次の場所で見つかります。

1,000 Places to See in the United States & Canada Before You Die©

当サイトに記載されている場所の連絡先の詳細、アメリカ旅行のその他のアイデアは、ベストセラーとなっているパトリシア・シュルツの本でご覧いただけます。

ディスカバーアメリカへようこそ。

登録が完了したため、旅行プランをスーツケースに保存できるようになりました。

探索を開始する

メールアドレスを入力すると、パスワードをリセットするためのリンクが送信されます。

メールをご確認ください。

探索を開始する

アカウントのパスワードが正常に変更されました。 新しいパスワードを使用してログインしてください。

探索を開始する