クリーブランド, オハイオ

ロックの殿堂博物館

ロックの先人たちに敬意を表する


I. M. ペイは、クリーブランドのエリー湖岸に建設するロックの殿堂の設計者に選ばれたとき、音楽についての知識があまりないことを告白しました。 補習として少しばかりロックを聴いてから、ロックの大胆なダイナミズムを体現する建物の設計に取り掛かり、ペイの建築の特徴とも言える張り出した空間、単純な白いタイルで覆われた角張った集合体、巨大なピラミッド型のガラスのアトリウムなどの要素を数々取り入れた7階建ての建築学的なパワーコードを提案しました。 そしてその建物は、ロックの生きた伝統の理想的な故郷であり、世界文化に影響を与え続けている音楽ジャンルの冒険的な展示の場になりました。ここで過ごす午後が楽しくなることは間違いありません。

音楽と、それを支えるパフォーマー、作詞家や作曲家、DJ、プロデューサーなどの人々を称える品々と体験型展示品があり、その多くには、サウンドと示唆に富む映像や映画が使用されています。 常設展示には、目もくらむようなバラエティに富む10万点以上の作品が収蔵されています。何千台もの楽器、ジミ・ヘンドリックスやイギー・ポップのステージ衣装、中にはあまり目立たないジム・モリソンのカブスカウトのユニフォームやエルビス・プレスリーの召集令状など予想外のものや辛らつなものも含まれています。 ジャニス・ジョプリンの1965年製ポルシェやZZトップの1934年製フォードのクーペ、エリミネーターとともに、ジョン・レノン、ジェームス・テイラー、エヴァリー・ブラザーズ、そしてザフーの伝説的なドラマーであるキース・ムーンなどの学校の通知表まで展示されています。キース・ムーンの通知表には、音楽の才能を見て取れます。

クリーブランドは音楽業界の拠点とは言いがたく、このホールの最も話題を集めるイベントである毎年の殿堂入りのセレモニーはニューヨークで行われます。 ただし、クリーブランドは豊かなロックの歴史に彩られています。たとえば、「ロックンロール」という言葉を作ったとされるラジオDJのアラン・フリードが自分の放送で人種の壁を取り除き、1952年にアメリカ初のロックコンサート、最初のムーンドッグコロネーションボールを開催したのはクリーブランドでした。 ロックの殿堂がオープンした1995年頃には、都市衰退の代表例だったダウンタウンエリアの再生のきっかけになりました。 この殿堂は、ロックンロールのエネルギーだけでなく、新生クリーブランドのエネルギーも象徴しています。 オハイオ州は、「殿堂の密集地帯」を自称しています。このロックの殿堂はその北端にあります。アクロンには「発明者の殿堂」、そしてカントンには非常に人気の高い「プロフットボールの殿堂」があります。

この旅行プランは次の場所で見つかります。

1,000 Places to See in the United States & Canada Before You Die©

当サイトに記載されている場所の連絡先の詳細、アメリカ旅行のその他のアイデアは、ベストセラーとなっているパトリシア・シュルツの本でご覧いただけます。

ディスカバーアメリカへようこそ。

登録が完了したため、旅行プランをスーツケースに保存できるようになりました。

探索を開始する

メールアドレスを入力すると、パスワードをリセットするためのリンクが送信されます。

メールをご確認ください。

探索を開始する

アカウントのパスワードが正常に変更されました。 新しいパスワードを使用してログインしてください。

探索を開始する