ワッシュバーン, ノースダコタ

マンダン砦とルイス&クラークトレイル

偉大なるアメリカの冒険家の足跡を辿る


1804年10月中旬、トマス・ジェファーソンから「大陸を最短距離で横断する実用的な水路」を見つけるように指示されたメリウェザー・ルイスとウィリアム・クラークは、その偉大な探検の最初の訪問地としてノースダコタの地に入りました。 ミズーリ川を上り、多くの原住民部族とヨーロッパ商人たちの交易の中心地であるミツタンカとヌプタディというマンダンにあるインディアンの村に到着しました。 ここで彼らは冬を過ごし、キャビンと砦を囲む柵を建設して、品物と交換に食べ物を与えてくれたホストに敬意を表してマンダン砦と名付けました。

彼らが出会ったインディアンの中に、ロッキー山脈で生まれ1800年にヒダーツァ族のインディアンに誘拐されたと信じられている、ショーショーニー族の女性であるサカガウィアがいました。 後にサカガウィアは、フランス系カナダ人の毛皮商人トゥーサン・シャルボノーと結婚しました。 サカガウィアは、ショーショーニー語とヒダーツァ語を話し、シャルボノーがヒダーツァ語とフランス語を話したため、ルイスとクラークは、サカガウィアとシャルボノーの二人を通訳として雇いました。 1805年4月7日、一行は西に向けて旅立ちました。サカガウィアは、まだ幼かった息子のポムを背負っていました。 そして、探検隊でのサカガイウィアの存在は通訳としてだけでなく、白人を見たことがないインディアンたちをなだめるために驚くべき効果がありました。 ネイティブの文化では、戦士の部隊は女性、特に子供を連れた女性を連れて旅することはありませんでした。

サカガウィアの出身地であるマンダン砦は跡形もなく焼失しましたが、川岸のハコヤナギに囲まれた元の砦にほど近い場所に1972年に実物大の複製が建築されました。 1997年に案内表示が追加され、今日では、年間を通じて一般に公開されています。この砦の粗末な家具や備品には、探検隊のメンバーの冬の住居の様子が表れています。

ウォッシュバーンのルイス&クラークインタープリティブセンターには、探検隊の歴史的な説明とともに、9mの手彫りのカヌーや試着できるバッファローの上着、サカガウィアが息子を運んだクレードルボードなど、インディアンの工芸品が展示されています。 バーグキストギャラリーには、1832年から1834年にアメリカ西部を旅したスイスの水彩画家、カール・ボドマーの作品が展示されています。 ボドマーの絵画は、アメリカの拡張主義の影響がまだなく、外来の疾病により多くの人命が奪われる前、19世紀初頭の北米の平原地帯の部族の視覚的な記録として最も重要なもののひとつとされています。

数キロメートル上流の、ナイフリバーインディアンビレッジナショナルヒストリックサイトには、サカガウィアの家を含め、さまざまなインディアンの村の遺跡が保存されています。 ここには、数千年の歴史を遡る村の遺跡やヒダチァ族の土の家、博物館、ビジターセンターと、18kmのトレイルがあります。

この旅行プランは次の場所で見つかります。

1,000 Places to See in the United States & Canada Before You Die©

当サイトに記載されている場所の連絡先の詳細、アメリカ旅行のその他のアイデアは、ベストセラーとなっているパトリシア・シュルツの本でご覧いただけます。

ディスカバーアメリカへようこそ。

登録が完了したため、旅行プランをスーツケースに保存できるようになりました。

探索を開始する

メールアドレスを入力すると、パスワードをリセットするためのリンクが送信されます。

メールをご確認ください。

探索を開始する

アカウントのパスワードが正常に変更されました。 新しいパスワードを使用してログインしてください。

探索を開始する