このサイトでは、より快適に閲覧できるようCookieを使用しています。Cookie使用の詳細については、こちらをご覧ください。

x
OK
ノースダコタ

バーディングドライブダコタ

カナダヅルやトゲオヒメドリなど野鳥を探す


ノースダコタ州は、人があまり訪れることのない、アメリカ最大の野鳥観察地の1つです。 野鳥観察の愛好者がノースダコタ州を訪れる理由は、カナダヅル、トゲオヒメドリ、アメリカシロペリカン、アカエリツメナガホオジロ、アメリカオオソリハシシギ、マキバシギ、アメリカヒレアシシギなど300種以上の鳥を観察できることにあります。 野鳥観察に最適なスポットが離れているため、生物学者、鳥類学者、そして州内の62のNWR(国立野生生物保護区)の協力の下にバーディングドライブダコタという組織が9つの「野鳥観察ドライブ」コースを作成しました。

ノースダコタでは、すべてが州の中央部であるキダー郡、スタッツマン郡、そしてフォスター郡内とその周辺に集まっています。 4つのNWRのあるキダー郡は総人口がわずか2,750人、つまり人口密度が約2.6k㎡で2人という、田園の広がる大草原地帯です。 ロング湖NWRは、20,000羽を超える水鳥にとって繁殖を行う場であり中継地でもあります。 何千羽というカナダヅルも春と秋をここで過ごします。また、絶滅の危機にあるアメリカシロヅルが観察されることもあります。 毎年6月初旬に開催されるジェームスタウンのポットホール&プレーリーバーディング フェスティバルに訪れると、大草原に生息するさまざまなスズメ科の鳥たちに加え、クラークカイツブリやクビナガカイツブリの求愛のダンスを見られるかもしれません。 スタッツマン郡にある約18k㎡のチェース湖NWRは、カモメや鵜の巣ごもりの地、そして、北米最大の白ペリカンの生息地として知られています。

双眼鏡を覗き込むことに疲れたら、スティール郡の外に広がる大草原を見渡すように建てられた高さ約12mの世界最大のカナダヅルなど、この地域にあるユニークな彫刻を訪れてみてください。 ジェームスタウンには、重さ60トン、高さ8メートル、長さ14メートルの世界最大のコンクリート製のバッファローがあります。 また、世界最大のホルスタイン牛「セイラムスー」は、I-94号線127番出口の丘の上に立っています。 この「魔法の国のハイウェイ」をさらに西に進むと、グラッドストーンとリージェンとの間に、地元の芸術家が世界最大級のコレクションとしてキジ、鹿、バッタなど巨大な金属の動物彫刻を建てている場所があります。

この旅行プランは次の場所で見つかります。

1,000 Places to See in the United States & Canada Before You Die©

当サイトに記載されている場所の連絡先の詳細、アメリカ旅行のその他のアイデアは、ベストセラーとなっているパトリシア・シュルツの本でご覧いただけます。

ディスカバーアメリカへようこそ。

登録が完了したため、旅行プランをスーツケースに保存できるようになりました。

探索を開始する

メールアドレスを入力すると、パスワードをリセットするためのリンクが送信されます。

メールをご確認ください。

探索を開始する

アカウントのパスワードが正常に変更されました。 新しいパスワードを使用してログインしてください。

探索を開始する