このサイトでは、より快適に閲覧できるようCookieを使用しています。Cookie使用の詳細については、こちらをご覧ください。

x
OK
Hudson Valley, ニューヨーク

ニューヨーク州北部のハドソン渓谷:四季を通じて楽しめる観光地

By Victoria Shepherd


ニューヨーク州ハドソン渓谷の旅の始まりは、爽やかな秋の日でした。空気は冷え込んでいましたが、この四季を通じて楽しめる観光地を満喫しようとわくわくしていました。マンハッタンのすぐ上から始まり、241 km 北の州都オールバニーに向かうハドソン渓谷は、素晴らしい田園風景に囲まれています。

アウトドアで深呼吸

旅の初めは、マンハッタンから北に 80 km 離れたコールドスプリングの絵になる河辺の村です。日帰り旅行をお考えなら、ここはぴったりの場所です。電車の本数が多く、さまざまなブティック、オープンカフェ、アートギャラリーがある通りが駅から徒歩圏です。

私はここからベアーマウンテン州立公園(Bear Mountain State Park)に行きました。時間が十分にあれば、ハイキングコースがいくつかあるので、この山地を見渡す絶景とハドソン高地の自然を満喫できます。ここは、ジョージア州からメイン州までのアメリカ 14 州を横断する自然歩道として有名なアパラチアントレイルの一部でもあります。

次に、この近くのストーム・キング・アート・センターに向かいました。この 2 ㎢ を超える広大な敷地に森、丘、野原が広がり、100 点を超える彫刻作品が点在する野外美術館です。アレキサンダー・カルダーやロイ・リキテンスタインら世界的に著名なアーティストの作品を所蔵しています。作品鑑賞のため、この美術館に展示された作品には説明書きがありません。ですから、鑑賞前にビジターセンターで音声ガイドを借りるのをお忘れなく。

壮大な建築と広大な景観

次は、ビクトリア朝時代の伝統様式で建てられたリゾートホテル、モホンク・マウンテン・ハウスを訪れました。1869 年以来家族経営で管理されてきたこの荘厳な建築のホテルは、玲瓏とした湖のほとりに、自然のままの広大な緑に囲まれて建っています。この敷地の至るところにある小道に、小さな木製の見晴らし台があるのを見つけました。ここで小休止しながら、手付かずの美しい自然の景観を眺めることができます。

モホンクから 1 時間北に向かい、オラナ州立史跡に到着しました。ここは 19 世紀半ばの著名な風景画家フレデリック・エドウィン・チャーチが所有した 1 ㎢ を超える広大な土地です。チャーチがここで制作意欲を掻き立てられたのも頷けます。東洋の影響を受けた邸宅は、この画家のスケッチ原画、習作、絵画で埋め尽くされ、屋内の華麗な内装はチャーチ居住時のままに残されています。見学前にチケットを予約しましょう。

この日最後に訪れたのは、1836 年に建設されたオールバニーのニューヨーク州立博物館です。この博物館はニューヨーク州の自然、地質学の発展、文化的多様性に関する調査研究を展示したもので、毎年幅広い題材を取り上げた 10 回を超えるテーマ展示が開催されています。

このときは展示をざっと見ることしかできませんでした。電車での日帰り旅行から車での 1 週間の滞在まで、ニューヨーク州のハドソン渓谷一帯は訪ねる価値があり、楽しめる何かが見つかるはずです。

詳細はこちらから:

Official Hudson Valley Travel Information

ディスカバーアメリカへようこそ。

登録が完了したため、旅行プランをスーツケースに保存できるようになりました。

探索を開始する

メールアドレスを入力すると、パスワードをリセットするためのリンクが送信されます。

メールをご確認ください。

探索を開始する

アカウントのパスワードが正常に変更されました。 新しいパスワードを使用してログインしてください。

探索を開始する