ニューヨーク

キャッツキル山地:ニューヨーク州北部の文化と歴史

By Victoria Shepherd


最近のニューヨーク州キャッツキル山地への旅行では、紅葉を見に行くのを楽しみにしていました。ここは四季折々に楽しめる場所ではありますが、私のお気に入りは秋なのです。新緑が橙、赤、黄に染まり、琥珀色になる景色は素晴らしく、見逃さないわけにはいきません。しかし楽しみにしていた紅葉だけでなく、それ以上に楽しめたのは、文化的催しと食事でした。

キングストンのレトロな町並み

最初の滞在地はアルスター郡のキングストンでした。下町の歴史地区から散策を始め、アメリカ料理レストラン「シップ・トゥー・ショア」を訪れて、のんびりとおいしいフィッシュ・アンド・チップスのランチを楽しみました。この地区はロンダウトクリークの境にあり、ハドソン川海事博物館もここにあります。造船所で修理改築中の 1898 年築の蒸気船「マチルダ」の写真を撮りました。

いくつかの店やギャラリーを覗いた後は、アーケードの下にたくさんの店やブティックがある住宅地区に向かいました。クラウン通りとジョン通りの交差点に、キングストン建設当初からの 4 棟の石造建築があります。これらは旧ストッケード地区にあり、この建物の歴史は、1652 年にオランダ人がこの地区に入植を開始した後の 1658 年に遡ります。旧オランダ教会と上院集会所跡も見学しました。ここはニューヨーク州の最初の州都が置かれた場所です。

ベセルウッドと「ウッドストック」

次に、南西のベセルに向かいました。ここは 1969 年に 50 万人の聴衆を集めた「平和と音楽の 3 日間」のイベント、ウッドストックの開催地となりました。勘違いされることが多いのですが、実はこのイベントが開催されたのはウッドストックではありません。実際のウッドストックはベセルから車で 1 時間以上離れた場所にあります。

今度は数分離れたキャッツキル蒸留酒会社に向かいました。この蒸留所はジン、ウォッカ、ウィスキーを生産し、見学ツアーと試飲ができます。隣の所有ビルに「ダンシング・キャット・サロン」も設けており、ランチやディナーを味わい、ライブ音楽演奏が楽しめます。

1 日の締めくくりとして、数キロ西へ向かい、ナローズバーグの村落を訪れました。デラウェア川の最狭部を眺めると、幸運にも 2 羽の白頭ワシが遠くの空を舞い降りるのが見えました。野生でないこの鳥を以前見たことがあっただけだったので、自然環境で自由に飛ぶ姿に感激しました。

山の個性派ホテル

キャッツキル滞在中の宿泊場所は、よりどりみどりです。この日は「イーチャイ・ベッド・アンド・ブレックファースト」を選びました。「イーチャイ」と発音するこのホテルは、デラウェア川上流を一望する小規模な 5 室のベッドルームの山小屋です。早朝に、雲が低く立ちこめて足元に広がる光景は神秘的なものでした。ここの自慢の朝食で目を覚ますのは至福のひとときです。注文してから調理されるフレンチトーストには新鮮ないちごとバナナが乗せられ、香ばしいベーコンが添えられています。

このような食事の後で、ニューヨーク州北部の旅に魅了されない人はいないでしょう。

詳細はこちらから:

Official Catskill Region Travel Information

ディスカバーアメリカへようこそ。

登録が完了したため、旅行プランをスーツケースに保存できるようになりました。

探索を開始する

メールアドレスを入力すると、パスワードをリセットするためのリンクが送信されます。

メールをご確認ください。

探索を開始する

アカウントのパスワードが正常に変更されました。 新しいパスワードを使用してログインしてください。

探索を開始する