このサイトでは、より快適に閲覧できるようCookieを使用しています。Cookie使用の詳細については、こちらをご覧ください。

x
OK
ニューメキシコ

ジョージア・オキーフトレイル

芸術家の目を通して見た南西部の風景


ジョージア・オキーフは「魅惑の地(Land of Enchantment)」の中で、「彼の地では色彩が異なる」と記しています。 ジョージア・オキーフは中西部出身の画家です。主にニューヨークで活動していましたが、長年もの間ニューメキシコ出身の最も有名な画家だと思われていました。 オキーフがニューメキシコを初めて訪れたのは1917年のことでした。有名な写真家であった夫アルフレッド・スティーグリッツの死後、1949年にニューメキシコの小さな町、アビキューに引っ越しました。 オキーフの画風は非常に官能的なイメージで、ひと目で彼女の作品とわかります。豊かな色彩で描かれた超現実主義的な作品は、他の誰とも違いました。彼女がモチーフとしたのは、動物の骨や雲、そして最も有名なのが大きな花です。

オキーフの存在でアビキューの町の名は知れわたりましたが、今でも人口は1,000人ほど、入植前のアメリカの雰囲気を残した小さな村です。 この一帯の土地は、1754年に当時の政府によって無償で払い下げられました。アビキューには、その際に払い下げられた土地がいまだに残っています。土地の所有者はアーティストが多く、アートの隠れた聖地です。 宿泊にはアビキューインがお勧めです。南西部をテーマにした客室とプライベートカシータ(バンガロー)を備え、中庭には噴水があります。 敷地内にジョージア・オキーフ・ファウンデーションもあり、オキーフの自宅とスタジオを見学するツアーが用意されています。

オキーフは大半の時間をアビキューか近くのゴーストランチで過ごし、その荒涼とした眺望を記録した作品、「私が暮らす世界の広大さと神秘(the wideness and wonder of the world as I live in it)」を作りました。 ゴーストランチは、現在ではプレスビテリアン教会が教育センターとして管理しています。 このセンターでは、絵画、陶芸、バードウォッチング、古生物学など、スピリチュアリティ、科学、アートを題材としたサマーセミナーを開催しています。 ホテルには電話もテレビもありませんが、シンプルで非常に快適です。そして、ホテルから見える景色はどこにも負けません。

州で最も人気のあるアート美術館、ジョージア・オキーフ美術館もお見逃しなく。 オキーフの常設コレクションとしては世界最大。140点以上の絵画や彫刻のコレクションが収められています。 オキーフの作品は、サンタフェのファインアーツ美術館にも展示されています。タオスとサンタフェのアートコミュニティに属する他のアーティストの作品も収められています。

この旅行プランは次の場所で見つかります。

1,000 Places to See in the United States & Canada Before You Die©

当サイトに記載されている場所の連絡先の詳細、アメリカ旅行のその他のアイデアは、ベストセラーとなっているパトリシア・シュルツの本でご覧いただけます。

ディスカバーアメリカへようこそ。

登録が完了したため、旅行プランをスーツケースに保存できるようになりました。

探索を開始する

メールアドレスを入力すると、パスワードをリセットするためのリンクが送信されます。

メールをご確認ください。

探索を開始する

アカウントのパスワードが正常に変更されました。 新しいパスワードを使用してログインしてください。

探索を開始する