このサイトでは、より快適に閲覧できるようCookieを使用しています。Cookie使用の詳細については、こちらをご覧ください。

x
OK
ネバダ

ネバダ州: 国立公園、自然の美、そしてオープン スペース

By Fatima Von


息をのむような山の景色、美しい国立州立公園、どこまでも続く広大な土地、そして 1 年を通じて楽しめるアクティビティが、アメリカ最大の州のひとつ、ネバダ州にはあります。 この多様性に富んだ州に 9 日も滞在できるなんて、私は幸運でした。そして今私は、早くも舞い戻る気になっています。

グレート ベースン国立公園のおすすめスポット

ユタ州との州境のあるネバダ州東部ではまず、グレート ベースン国立公園を訪れました。1986 年に国立公園に指定された、広さ 300 平方キロメートルを超える広大な公園です。 景観豊かなドライブ道を走ると、標高約 4,000 m のホイーラー山に到着し、雪を頂いた山々の素晴らしい眺めが望めます。 そこからは、さまざまなハイキング コースが伸びています。ブリッスルコーン トレイルを辿れば、この国立公園で保護されている 樹齢 5,000 年のブリッスルコーン パイン (イガゴヨウ松) を見ることができます。

ホイーラー山の東側山腹には、グレート ベースン国立公園のハイライト、 レーマン鍾乳洞があります。 石灰石と大理石でできた鍾乳洞は全長約 3 km で、標高 1,800 m ほどの山腹にその口を開けています。 幾重にも重なった洞穴シールドによりカーテンが垂れ下がっているように見える鍾乳石など、変わった構造の鍾乳石がここでは多数見られます。 鍾乳洞のひとつに入ったときに、ここでパーティーをしたら最高だねと私が冗談で言うと、 そのスポットは実は「ダンス ホール」と呼ばれているのだとガイドの方が教えてくれました。噂によれば、人々はかつてそこで大規模な集会を開いていたとか。 そこで、その名前が付けられたそうです。 どうやら、禁酒法の時代には鍾乳洞の一部が潜りの酒場となっていたようです。 真偽のほどは定かではありませんが、そこで酒盛りが行われていた様子は目に浮かぶようでした。

カテドラル渓谷州立公園

グレート ベースン国立公園から少々外れたところにある、1935 年に州立公園に指定されたカテドラル渓谷州立公園は、個人的に一番気に入った観光スポットです。何百万年も前の鮮新世紀には、現在渓谷の走るメドウ バレーは湖の底にありました。 パナカ岩層と呼ばれる、色とりどりの乾燥した堆積物には誰もが目を奪われることでしょう。 柔らかい岩々が侵食によって削れられ、独特な段状の砂岩層になっています。ものによってはカテドラル (大聖堂) や洞窟のような細い道に見えます。 少し奥へ進むと、狭い割れ目がありました。そこから神秘的な小道を歩くと岩層の中へと入れたため、私はしばしそこに留まり、完全なる静寂に浸りました。 とっておきの情報としては、 午後遅くに来ること。太陽が岩々を深いオレンジ色に染めます。

エリーの歴史を探訪

エリー郊外のグレート ベースン国立公園の北側には、時が止まったようなワード チャコール オーブンズ州立公園があります。 砂利道を車で進むと、蜂の巣のような形をした巨大な窯が 6 つ並んだ、奇妙な光景がとびこんできます。 採掘ブーム中の 1876 年に建造されたこれらの巨大なレンガ造りの窯では、かつて銀を精錬するための燃料となる上質な木炭が作られていたのです。

最後に私は、ありし日、中でも 1905 年のありし日にどっぷりと浸かりました。1905 年はエリーにネバダ ノーザン 鉄道が開通した年です。 人生で初めて、本物の蒸気機関車を見ました。 汽笛が鳴ると同時に機関車が動き出し、90 分間のツアーでは美しい山の風景の中を通り抜けました。 すべてが驚くほど綺麗に保存、復元されているため、乗車中には今がどの時代であるかつかの間忘れてしまうほどです。

荷物の準備はすみましたか? 空港までのタクシーは手配しましたか? 早くネバダ州に行き、これらの荘厳な自然をぜひ満喫してください。

詳細はこちらから:

ネバダ州観光委員会

ディスカバーアメリカへようこそ。

登録が完了したため、旅行プランをスーツケースに保存できるようになりました。

探索を開始する

メールアドレスを入力すると、パスワードをリセットするためのリンクが送信されます。

メールをご確認ください。

探索を開始する

アカウントのパスワードが正常に変更されました。 新しいパスワードを使用してログインしてください。

探索を開始する