クローエージェンシー, モンタナ

リトルビッグホーンの戦場

歴史に刻まれた戦いがここに


モンタナ州南東部のリトルビッグホーン川を見下ろす丘の上で、アメリカ史上最大の戦いの1つ、リトルビッグホーンの戦いが起こりました。 ここは、西部で最も苦悩にさいなまれた場所の1つです。1876年6月25日、この丘の斜面でジョージAカスター将軍率いる米軍第7騎兵隊が、ラコタスー族およびシャイアン族の部隊と衝突しました。

この戦場で繰り広げられた人々と文化の衝突は、複雑で興味深く、謎に満ちています。 オハイオ生まれのカスター将軍は、ウェストポイントをクラス最下位の成績で卒業しましたが、23歳のとき、北軍で史上最年少の将軍に任命されました。南北戦争後には無断欠勤が理由で軍法会議にかけられましたが、その後ダコタ国境のエイブラハム・リンカーン砦の司令官に任命され、遊牧民のスー族とシャイアン族をグレートスー居留地に押し戻す指令を受けます。 1876年の初夏には、推定7,000人もの民族が昔ながらの生活を求めて居留地を離れ、ワイオミング州やモンタナ州に移り住んでいました。そしてその数はさらに増します。

グラント政権はこの動きに歯止めをかけるため、3列縦隊を送り込みます。 カスターと第7騎兵隊はリトルビッグホーン沿いにインディアンの野営地を発見すると、他の部隊の到着を待たずに647人の兵士を3隊に分け、過去最大級となる2,000人もの兵士が結集したインディアン部隊に攻撃を仕掛けました。 続く戦いで、カスターとその兄弟を含む第7騎兵隊の263人の兵士が戦死し、少なくとも60人のインディアン兵士が命を落としました。

6月25日の決戦では、350人の騎兵隊員が1日半にわたり包囲されましたが、すべての戦いは3時間でほぼ決着がついていました。この短時間の決戦で実際に何が起こったかは定かではありません。ビジターセンターの説得力のある展示物とその背景の説明が手掛かりです。 ビジターセンターから丘を上ったところにラストスタンドヒルモニュメントがあります。ここで最後の第7騎兵隊員が死にました。 兵士達の遺体が発見された場所には墓標が建てられています(カスター将軍はウェストポイントに埋葬されています)。 草の生い茂る丘の斜面を見下ろすと、1つだけで建っている墓標や1か所に集まっている墓標がありますが、その多くはカスター将軍の遺体が発見された低地の周辺に多く見られます。戦場の凄惨さが生々しく伝わってくる風景です。 2003年には、この戦いに貢献したインディアンに敬意を表するため、アメリカ合衆国国立公園局がリトルビッグホーン戦場インディアン記念碑を公開しました。その一部に、戦いに参加した兵士と先住民の女性達を表現した「スピリットウォリアーズ」のブロンズ像があります。

リトルビッグホーン国立記念戦場は、なだらかな起伏のある大平原と険しい丘陵が8,903㎢にわたって広がるモンタナ最大の居留地、クロウインディアン居留地にあります。

8月下旬には、数千人の部族民と観光客がアメリカンインディアン最大級の祭典、クロウフェアに集まり、ダンス大会、毎日行われるパレード、インディアン達のロデオや騎馬レースを楽しんでいます。 この「世界のティピーの首都(Tepee Capital of the World)」と呼ばれる仮の野営地には、おそらく他では決して見ることができないほど数多くのティピーが現れます。

この旅行プランは次の場所で見つかります。

1,000 Places to See in the United States & Canada Before You Die©

当サイトに記載されている場所の連絡先の詳細、アメリカ旅行のその他のアイデアは、ベストセラーとなっているパトリシア・シュルツの本でご覧いただけます。

ディスカバーアメリカへようこそ。

登録が完了したため、旅行プランをスーツケースに保存できるようになりました。

探索を開始する

メールアドレスを入力すると、パスワードをリセットするためのリンクが送信されます。

メールをご確認ください。

探索を開始する

アカウントのパスワードが正常に変更されました。 新しいパスワードを使用してログインしてください。

探索を開始する