このサイトでは、より快適に閲覧できるようCookieを使用しています。Cookie使用の詳細については、こちらをご覧ください。

x
OK
Sault Ste. Marie, ミシガン

スーセントマリー: ミシガン州最古の趣きある街を探訪

By Jody Sidle Short


ミシガン州トラバースシティで数日過ごした後、のどかな景色を楽しみながら 3 時間ほど車を走らせ、着いたところはアッパー半島にあるスーセントマリー。国境からわずか 3.2km、向こう岸はもうカナダです。アメリカとカナダの文化が融合し、独特の歴史が育まれてきたこの街で、観光、グルメ、ナイトライフを楽しんできました。

五大湖の歩み

まずは街のシンボルとして親しまれているスーロックへ。スーロックは、スペリオル湖とヒューロン湖をつなぐ世界最大級の運河にあるロック (閘門) で、スーセントマリーの歴史と繁栄に重要な役割を果たしてきました。ロックとは水位の異なる運河の間で船を上下させる装置のことで、私はこのロックを通過するユニークなボートツアーに参加。この周囲は景色が見事で、自然の美しさに言葉を失ってしまったほどです。

市街や運河、川の景色を楽しむならタワー・オブ・ヒストリー博物館の最上階がベストと聞き、エレベーターで 64m の高さまでやって来ました。目の前に広がる 360 度のパノラマビュー。街の全体像がひと目でわかり、本当に美しい場所なのだと実感します。さて、景色を十分堪能したら、ミュージアム・シップ・バレーキャンプへ。ここでは、1917 年に造られた貨物船を間近で見学することができます。効率良く回りたいなら、フレンドリーなスタッフが現地の歴史を紹介してくれるガイド付きツアーがお勧めです。

スーセントマリーで味わう「北の味覚」

お腹を空かせて向かった先は、ダウンタウンにあるアントラーズ。バイソンや鹿、リスなどさまざまな動物の剥製がディスプレイされた店内は、ちょっとした博物館並みです。剥製に囲まれて食事だなんて気持ち悪いと思われるかもしれませんが、ワイルドなアメリカらしさが感じられて逆にテンションが上がります。地元の新鮮な食材を使ったバッファローバーガーの味は最高でした!

レストランを出た私は、食後の散歩を楽しむことに。通りを先に進むほど、ますます魅力的な佇まいを見せるダウンタウン。自家製のファッジとアイスクリームを販売している昔ながらの店をはじめ、かわいいブティックやギフトショップ、レストランやカフェが軒を連ねています。

夜の帳が下りたダウンタウンは、大人の街に大変身。ライブミュージックや地ビールなど、それぞれの個性を主張したバーが 13 軒もあり、バミューダトライアングルならぬ「バー (BAR) ミューダトライアングル」と呼ばれているほどです。この日はちょうどワールドカップ開催期間中で、観戦に熱中する地元客と意気投合!思いがけず楽しい時間を過ごせました。

街を離れる前に、ぜひ訪れてほしいのがターカメノンフォールズ州立公園。20,235 ヘクタールの広大な園内では、ハイキングにサイクリング、ボート、釣りが楽しめるほか、秋の紅葉など季節ごとに移りゆく自然美を堪能できます。

美しい自然、豊かな歴史と文化、美味しいレストランや賑やかなバー。スーセントマリーはカナダまでわずか 10 分なので、次回はもっと時間を取って観光しようと思います。

詳細はこちらから:

Official Sault Ste. Marie, Michigan Travel Information

ディスカバーアメリカへようこそ。

登録が完了したため、旅行プランをスーツケースに保存できるようになりました。

探索を開始する

メールアドレスを入力すると、パスワードをリセットするためのリンクが送信されます。

メールをご確認ください。

探索を開始する

アカウントのパスワードが正常に変更されました。 新しいパスワードを使用してログインしてください。

探索を開始する