Lansing, ミシガン

ミシガン州ランシング: 自然の恵みと文化の魅力

By Vic Liang


ミシガン州を訪れるならば、州都ランシングは必見です。 豊かな歴史と文化、森に囲まれた自然あり、おしゃれな地区あり。米国有数のミシガン州立大学を抱え、国際的な雰囲気と小都市のよさを併せ持つ魅力的な街です。

ミシガン歴史博物館

旅行 1 日目は、ミシガンのすべてがわかるミシガン歴史博物館に行きました。 アッパー半島の銅山、昔の校舎、1920 年代の街並み、1957 年のデトロイト オートショーなど数々のレプリカを通り抜け、 ミシガンの歴史と文化を楽しく学べました。

ランシング リバー トレイルでレクリエーション

ミシガン歴史博物館の後は、ランシングのダウンタウンに向かいました。 ダウンタウンの大きな魅力の 1 つに 20 km にも及ぶ川沿いの木製遊歩道があります。これがランシング リバー トレイルです。 ダウンタウンを横ぎり、都会と緑豊かな森林を結んでいます。 ある人はボートを漕ぎ、ある人はジョギング、川沿いのベンチではコーヒーを飲みながら読書をしている人もいます。 思い思いの過ごし方ができる、最高の場所です。

トレイルを歩いていると、ランシング シティ マーケットに行き当たりました。 今の会場が建てられたのは 2010 年ですが、マーケット自体は 1909 年から続いています。新鮮な食材、地元の名産、オーガニック食品などが並び、いくつもある個性的でこじんまりとしたレストランでは様々なメニューを楽しめます。 ランチタイムには周辺のオフィスから人々が三々五々集まり、食事と休憩を楽しみます。 私はマーケットの様子が見える席を選び、作りたてのサンドイッチと生ジュースを注文してひと時の休息を楽しみました。

ミシガン州立大学

ランシング リバー トレイルをさらに下り、イースト ランシングにあるミシガン州立大学に立ち寄りました。 アメリカを代表する大学の 1 つで、毎年ここを目指して全世界から学生が集まります。 農業とコミュニケーション理論の分野が特に有名ですが、製造工業と音楽セラピー分野でも先駆的研究拠点となっています。

イースト ランシングでは、ミシガン州立大学の構内にあるエリ & エディス ブロード美術館にも足を運びました。 伝統を誇るレンガ造りの建物が続く中、ひときわ異彩を放つステンレスのひだとガラスを組み合わせた外観。それもそのはず、この建物は世界的に注目を浴びる建築家、ザハ ハディドの作品です。 古代ギリシャとローマから現代に至るまで、世界各地の文化を取り入れたコンテンポラリー アート作品が展示されています。

ランシングのオールド タウン

ランシングのアートといえば、オールド タウン地区も必見です。 どのくらいオールドかといえば、 入植者がはじめてこの地にやってきたのが 1843 年です。それが今では、芸術的な雰囲気が漂うビジネス街に成長しました。 ビクトリア様式の美しい建物が続き、ギャラリー、ブティック、専門店から格式あるレストランまでが軒を連ねています。

ミシガンを旅行するならば、州都ランシングを必ずプランに入れてください。 美しく温かい土地柄が、忘れがたい思い出となるでしょう。

詳細はこちらから:

Official Lansing Travel Information

ディスカバーアメリカへようこそ。

登録が完了したため、旅行プランをスーツケースに保存できるようになりました。

探索を開始する

メールアドレスを入力すると、パスワードをリセットするためのリンクが送信されます。

メールをご確認ください。

探索を開始する

アカウントのパスワードが正常に変更されました。 新しいパスワードを使用してログインしてください。

探索を開始する