このサイトでは、より快適に閲覧できるようCookieを使用しています。Cookie使用の詳細については、こちらをご覧ください。

x
OK
Holland, ミシガン

ミシガン州、ホランド: 美しい自然とオランダ文化を楽しむ家族旅行

By Victoria Shepherd


豊かな水をたたえるミシガン湖の東側に位置するホランド市。 美しいビーチがあり、オランダの文化と歴史に触れられると聞いた私は、今度の休暇にピッタリだと思いリサーチを始めました。

豊かな水をたたえるミシガン湖の東側に位置するホランド市。 美しいビーチがあり、オランダの文化と歴史に触れられると聞いた私は、今度の休暇にピッタリだと思いリサーチを始めました。

ホランドの歩み

まずこの街の歴史を探るため、ダウンタウンにあるホランド博物館へ。宗教や経済的な窮状から自由を求め、アルバイトス・ヴァン・ラールテ牧師が家族を連れてオランダからやって来たのは、1847 年の厳しい冬のこと。

牧師一家によってもたらされたオランダの文化は、現在もホランド市民に受け継がれています。ホランド博物館では、オランダに関連する多彩な芸術をはじめ、400 年の歴史を刻んできた展示物などを見学。この博物館で学んだオランダ文化の影響は、周辺の建物にも見て取れました。

ウィンドミル・アイランド・ガーデンズ

続いて向かったのは、ダウンタウンから車ですぐのウィンドミル・アイランド・ガーデンズ。14 ヘクタールの敷地には、手入れの行き届いた芝生や美しい運河、堤防があり、家族連れも大満足です。 晴天に恵まれたその日、私は見学ツアーに参加することに。目の前に現れたガイドさんは、木靴やオランダの民族衣装に身を包み、気合バッチリの様子。楽しく分かりやすい解説でツアーはテンポ良く進みます。アメリカで現在動いている唯一のオランダ式風車は、何とも愛らしい風情。250 年以上前に造られた庭園では、美しさを競い合うように咲き乱れる花に目を奪われました。

ここでミラー (風車守) をしているアリーサ・クロフォードさんは、2007 年にオランダの学校を卒業し、アメリカで初めてオランダ認定のミラーとなった女性。彼女から興味深い話を伺うこともできました。

ホランドのダウンタウン

現在と過去が交錯するホランドのダウンタウンで、ショッピングをしながら街を散策。

8 番通りを歩いていて偶然見つけたのが、1902 年にオープンした家族経営の店、ホランド・ピーナッツ・ストアです。創始者ジョセフ・ファビアーノはイタリアからの移民で、新天地での成功を夢見てスイーツとナッツの販売を始めたのだとか。 5 代目となる現在も、定番のチョコレートがけナッツをはじめ、多種多様なキャンディを販売し、多くのスイーツファンを魅了しています。

この日のディナーは、豊富な地ビールの品揃えを誇るニュー・ホランド・ブリュワリーで。美味しいビールとカジュアルなパブメニューに疲れも吹っ飛びました。

最後に向かったのは、美しい緑に囲まれたホランド州立公園。 拾った流木を片手に、夕日が地平線の彼方へ沈み、空が茜色に染まる光景をゆっくり楽しみました。 この静かな時間を共有しているのは、ホランド港の北埠頭に灯るビッグ・レッド灯台の明かりだけ。こうして素晴らしい旅の幕を閉じました。

詳細はこちらから:

Official Holland Travel Information

ディスカバーアメリカへようこそ。

登録が完了したため、旅行プランをスーツケースに保存できるようになりました。

探索を開始する

メールアドレスを入力すると、パスワードをリセットするためのリンクが送信されます。

メールをご確認ください。

探索を開始する

アカウントのパスワードが正常に変更されました。 新しいパスワードを使用してログインしてください。

探索を開始する