レキシントン, マサチューセッツ

レキシントン(マサチューセッツ州):豪華な体験から歴史まで

By Caroline Amiguet


ボストンのローガン国際空港から少しの距離をタクシーで移動する間に、今回のレキシントン(マサチューセッツ州)の旅で訪問することになる場所を前もってざっと見ることができました。レキシントンは私の母国のフランスと深く結び付いています。その関係は、1824 年のラファイエット将官の訪問から始まり、フランスにある姉妹都市、アントニーと活発なつながりを築くことで現在も続いています。町には美しい緑があふれ、多くの人が自転車に乗っています。タクシーから降りて、自分自身で見て回るのが待ちきれませんでした!

イン・アット・ヘイスティングス・パークの素晴らしいおもてなし

イン・アット・ヘイスティングス・パークに到着した私は、第一級のおもてなしが受けられる美しいホテルに泊まれるという喜びでいっぱいでした。ここは、ニューイングランド地方に 5 軒しかないルレ・エ・シャトーの施設の 1 つです。ホテルのデザインは、伝統的なスタイルに現代的なひねりを効かせた、見事なものです。客室があまりに魅力的だったので、すぐにうたた寝をしてしまうところでしたが、ホテルのロビーで軽いランチを楽しむことにしました。味わい深いビートとミックス・グリーン・サラダを食べました。もちろん、クラムチャウダーにも挑戦しました。最高の味でした!

アメリカの自由誕生の地を見学する

ランチの後、最初に訪ねたのは、ミニットマン国立歴史公園(Minute Man National Historical Park)です。ここは緑が映える美しい公園です。レンジャーたち(自然保護官)はみな親しみやすく、アメリカ独立戦争の間にこの地で行われた戦いと公園の歴史を熱心に伝えてくれます。

その後、美しいリバティ・ライド・トロリーのツアーに参加して、レキシントン・バトル・グリーンに向かいました。トロリーはそれ自体がアトラクションと言えます。道すがら、車内のガイドが歴史上の細かな話題を説明してくれました。レキシントン・バトル・グリーンは唯一無二の場所です。アメリカの自由誕生の地と呼ばれるここでは、歴史を実感できます。イギリスからの独立を求める戦争に結びつく最初の発砲事件が起こった場所であり、革命の精神が今もなお息づいています。

レトロな雰囲気のブティックと専門店

涼を取るために、趣のある外観の地元の自転車店、ライド・スタジオ・カフェでアイスコーヒーを楽しみました。その後、ペトラという魅力的な地元のブティックを訪ねました。ここには、フレンチテイストに合った素敵なファッションがあふれていました。周辺には、おもしろみのある個性的な土産物でいっぱいのブティックがたくさん並んでいました。

ホテルに戻る前に、MA フランスグルメという食料品店に立ち寄りました。ここでは、ボルドー地域出身のオーナーたちに出会いました。欲しいと思っていたお気に入りのフランスの食品をたくさん見つけたので、スナックをいくつか購入して自宅に持ち帰ることにしたんです!

画期的なサービスとおもてなし

おなかをじゅうぶんすかせたところで、アーティストリー・オン・ザ・グリーンに行きました。このレストランについては良い評判をたくさん耳にしていました。私が注文した焼きホタテは、とても柔らかくて美味で、一緒に出てきたニョッキパリジェンヌとの相性も抜群でした。アーティストリー・オン・ザ・グリーンで受けたサービスは最高でした。リラックスできる隠れ家のようなエリアに長居しながら、シャルドネを最後の一口まで楽しみました。ここでのひとときは、素晴らしい訪問にふさわしい締めくくりになりました。

詳細はこちらから:

Official Lexington Travel Site

ディスカバーアメリカへようこそ。

登録が完了したため、旅行プランをスーツケースに保存できるようになりました。

探索を開始する

メールアドレスを入力すると、パスワードをリセットするためのリンクが送信されます。

メールをご確認ください。

探索を開始する

アカウントのパスワードが正常に変更されました。 新しいパスワードを使用してログインしてください。

探索を開始する