レキシントン, マサチューセッツ

マサチューセッツ州レキシントン: 必見のアメリカ独立戦争史跡

By Victoria Shepherd


ボストンの 18 km 北西にあるマサチューセッツ州レキシントンは、のんびりとしたすてきな町です。 私が訪れたのは 7 月で、太陽が輝き、空は澄み渡り、周囲の木々や草花は青々としていました。 個性豊かなショップやレストランが建ち並び、史跡がそこかしこにあるレキシントンは、活気と歴史にあふれています。

レキシントン バトル グリーン

私は、レキシントン バトル グリーンから歴史を遡り始めました。 1775 年 4 月 19 日の早朝、イギリス軍がここに歩を進め、「ミニットマン」と呼ばれる民兵と対峙しました。 現在でも、誰が先に発砲したのかは明らかではありませんが、アメリカ独立戦争の最初の一弾はこの緑豊かな土地で放たれたのです。 現在公園となっている現場には、オベリスクが建っています。このオベリスクは、アメリカ最古の戦争記念碑と言われています。

モンロー タバーン

次に私は、1735 年に建てられたモンロー タバーンを訪れました。レキシントン コンコードの戦いの後、退却したイギリス兵がボストンからの援軍と合流したのは、ここでした。イギリス軍はこのタバーンを負傷兵を手当てする野戦病院として利用しました。 ワシントン大統領も 1789 年にレキシントンを訪れたときにここで食事をとっています。私がタバーンにいたときはちょうど、あの日の戦闘で闘った両軍に扮した英国第 10 歩兵連隊とレキシントン ミニットマンによる再現劇を目にすることができました。

モンロー タバーンの外には、規模こそ小さいですが、きれいな植民地風の庭園があります。庭園は独立戦争前後の時代に流行ったスタイルで造園され、18 世紀のボストンでも入手できた伝統的な草花で彩られています。

ミニットマン国立歴史公園

その日の終わりには、ミニットマン国立公園に行き、民兵とイギリス軍が再び激突したノース ブリッジを渡って散策しました。 フィスク ヒルとハートウェル タバーンを訪れると、1775 年の戦いで命を落としたイギリス軍兵士と入植者のさまざまな慰霊碑がありました。その後、ランニングやウォーキング、乗馬をする人たちが多く利用する、バトル ロードを散歩しました。

リバティ ライド観光ツアー

レキシントンは、アメリカ独立戦争以外の歴史も豊富です。 私は、90 分間の観光トロリー バス、リバティ ライドに乗り、ラルフ ウォルドー エマーソンの邸宅や、ルイザ メイ オルコットが『若草物語』を執筆したオーチャード ハウスを含め、レキシントンとコンコードの歴史的な邸宅や史跡を見てまわりました。

あともう 1、2 泊して、この活気と歴史にあふれるレキシントンのすべてを体験できるとよかったのですが。 この街は絶対おすすめですよ。

詳細はこちらから:

Official Lexington Travel Site

ディスカバーアメリカへようこそ。

登録が完了したため、旅行プランをスーツケースに保存できるようになりました。

探索を開始する

メールアドレスを入力すると、パスワードをリセットするためのリンクが送信されます。

メールをご確認ください。

探索を開始する

アカウントのパスワードが正常に変更されました。 新しいパスワードを使用してログインしてください。

探索を開始する