ボストン, マサチューセッツ

マサチューセッツ州ボストン: 多様性豊かな街ならではのグルメ

By Vic Liang


ボストンには奥深い歴史と文化、そして伝統がありますが、それらが融合し、多様性にあふれる住人にインスピレーションを受けることで生まれたのが、その豊かな食文化と言えます。 食に目がない私は、心地よく親しみやすい雰囲気の中、極上のグルメと類まれな伝統文化の両方を楽しめるこの街に、大いに惹きつけられました。

ボストンのグルメとナイトライフ

ボストンのバックベイ地区にあるニューベリー ストリートは、ボストンを代表するグルメ スポットのひとつです。 木立を抜ける通りには、赤煉瓦で造られたビクトリア様式の建物が整然と並んでいます。 現在この歴史ある建物には、フランス料理からイタリア料理、地中海料理、そしてアジア料理など、世界各国の料理を提供するさまざまなレストランが入っています。 レストランの多くでは、行き交う買い物客を横目にのんびり友人とおしゃべりしながら食事が楽しめる、オープンエアの席も用意されています。

本物の中華料理を求めているなら、北米で 3 番目に大きい、ボストンのチャイナタウンへ直行です。 人気のメニューには、煮魚、蒸餃子、火鍋、三杯鶏、そして豚肉のシュウマイやエビ餃子、エッグタルトといった中国南部流の飲茶などがあります。 広東風のロブスターやシーフードも味わえます。 私は、ここのチャイナタウンのことを考えるたびに、どれもこれも食べたいという欲求にかられてしまいます。 チャイナタウンの牌楼で記念写真を撮ることも、お忘れなく。

ノースエンンド: リトル イタリー

リトル イタリーとも呼ばれるボストンのノースエンドは、ボストンでも最もグルメなレストランが集まる地区のひとつで、夜には友人同士で集う場所としてよく選ばれる地区でもあります。 ボストンで最古の地区であるノースエンドでは、伝統的なイタリアのシーフード料理に舌鼓が打てるだけでなく、各国の名物料理を味わったり、通りのあちこちにある多彩なベーカリーを試したりもできます。 もちろん、極上ピザの気分なら、この地区こそおいしいピザ探しにぴったりのエリアです。

せっかくこの地区まで足を伸ばしたのですから、ポール リビアの家や、1659 年設立のボストンでは 2 番目に古いコップスヒル墓地といった、見どころもおさえておくといいかもしれませんね。

ブルックラインの独特の文化

ブルックラインのクーリッジ コーナーは、チェーン店に混ざって個性的なブティックやレストランなどがある、地元民にはよく知られた地区です。 クーリッジ コーナーはボストンのユダヤ人コミュニティの中心地ですから、コーシャー料理や、ユダヤ系住人の個人商店などに興味がある方には、この地区がおすすめです。 マイケルズ デリは絶対おすすめです。ここでは他には真似できない、絶妙のデリスタイルの食事やサンドイッチが食べられます。 もはや、ただのデリを通り越して、観光名所となっています。

観光名所と言えば、この界隈には、ジョン F ケネディの生家があります。 国定歴史建造物に指定されており、国立公園局の管理下にあるこの家屋は、一般にも公開されています。 私個人の意見ですが、クーリッジ コーナーの建築も、とても興味深かったです。ビーコン ストリートとハーバード ストリートが交わる角にあるのは、1857 年に建築されたチューダー様式の S.S. ピアース ビルです。現在は、薬局になっています。道を挟んだ別の角にあるのは、アールデコ様式のクーリッジ コーナー シアターで、1933 年前後に建てられたものです。

どこに行こうとも、また何に食指が動かされようとも、ここボスントンなら、世界各国の美食が味わえることだけは間違いありません。

詳細はこちらから:

Official Boston Travel Information

ディスカバーアメリカへようこそ。

登録が完了したため、旅行プランをスーツケースに保存できるようになりました。

探索を開始する

メールアドレスを入力すると、パスワードをリセットするためのリンクが送信されます。

メールをご確認ください。

探索を開始する

アカウントのパスワードが正常に変更されました。 新しいパスワードを使用してログインしてください。

探索を開始する