Portland, メイン

ロブスターに舌鼓

メイン州では、1日3回の食事がすべてロブスターということも。


アメリカには、特定の食べ物で有名な地域がたくさんありますが、メイン州の甘い肉厚のロブスターほど有名なものはおそらくありません。 白いテーブルクロスのレストランからオープンエアのシーフード小屋まで、海岸線の上から下まで、州内のどのレストランに行っても、この甲殻類がメニューに載っています。 ロブスターの昔ながらの食べ方は、殻のまま食べることです (ウェイターが前掛けを持ってきても気を悪くしないでください。殻付きのものを食べるととても汚れるのです) が、他にも、海にいる魚と同じくらいたくさんの種類のロブスター料理があります。 ロブスタービスク、ロブスターシチュー、ロブスターポットパイ、ロブスターと牛肉を組み合わせた料理 (「サーフ アンド ターフ」)、ロブスターと卵のスクランブルの朝食、ロブスターとパスタなど。最も心惹かれるのはおそらく、ぶつ切りロブスター入りのサラダや、ロブスターをホットドッグ用のパンに挟んだもの (「ロブスターロール」) でしょう。 どのレストランでも、「MP」 (「時価」の意) の文字があったら、入る前に価格を確認することをお勧めします。 ロブスターは、メイン州では他のどこよりも安く食べられますが、それでも値が張る場合があります。

自分でロブスターを買いたいなら (そして生きたまま調理する勇気があるなら)、ポートランドの歴史あるウィッジェリ ワーフにある「ロブスターマンズ キャッチ」へどうぞ。ロブスター漁師から直接買い付けることができます。 このはさみを見てください!

ロブスター漁生活についてよく知りたい場合は、ポートランドのラッキー キャッチ クルーズなど、メイン州の海岸沿いで開催されている数あるロブスター ボート ツアーの1つに参加するのがお勧めです。 オマール アメリケーヌ (メイン ロブスターと言えばこれ) が枯渇しないように、漁の高度な規制がどのように行われているかがわかります。 美味しいからといって食べ過ぎると、食べた人のウェストラインにもロブスターの生態にも悪いからです。

トピック: メイン, 北東部
ディスカバーアメリカへようこそ。

登録が完了したため、旅行プランをスーツケースに保存できるようになりました。

探索を開始する

メールアドレスを入力すると、パスワードをリセットするためのリンクが送信されます。

メールをご確認ください。

探索を開始する

アカウントのパスワードが正常に変更されました。 新しいパスワードを使用してログインしてください。

探索を開始する