ニューオーリンズ, ルイジアナ

ニューオーリンズ プランテーション カントリー: ルイジアナ州のアフリカ系アメリカ人の伝統

By Marieve Herington


ルイジアナ州ニューオーリンズは楽しい休日を過ごすには絶対に外せない旅行先ですが、そこからわずか 1 時間のところに、他にも旅行先として訪れる価値のある土地があるのをご存知ですか。 ニューオーリンズ プランテーション カントリーには、見事な歴史的家屋が数多く残されています。

この地域には余りにも多くのプランテーションがあるため、1 か所訪問すれば全部を訪問したのと同じだと思うかもしれません。 しかし、それは大間違いです。 プランテーションにはそれぞれ独特の個性があるだけでなく復元の程度も場所により様々で、各地所で実施しているツアーを通して異なるテーマについて学ぶことができるからです。 私は、ニューオーリンズ プランテーション カントリーにあるアフリカ系アメリカ人に関する重要な史跡をいくつか訪れるうちに、少し前の時代に戻ったような気がしてきました。

ローラ: クレオール プランテーション

ローラ プランテーションでのツアーは、1800 年代終わりまで砂糖プランテーションとしてこの農場を経営していたローラ ラクール ゴアの世界に案内してくれます。 この邸宅は、グレート リバー ロードにある他のプランテーションの多くとはまったく異なる外観を備えており、明るい色彩と独特の優雅なフレンチ クレオール様式が特長です。 このプランテーションのガイドは実に私たちの心を捕らえ、70 分間のツアー中に 7 世代におよぶ家族の物語を詳しく説明してローラとその家族の歴史を現代によみがえらせました。

ローラ プランテーションは、ルイジアナ州最高のツアーの 1 つとして最も有名ですが、それだけではありません。1870 年代に、民俗学者のアルシー フォルティエが、奴隷だった人々から西アフリカの話を聞き書きする作業を始めた場所としても有名です。 聞き書きは後に出版され、「ブレア ラビットの物語」として広く知られるようになりました。

エバーグリーン プランテーション

エバーグリーン プランテーションは、壮麗なカーブを描く二重の階段を備えた母屋と、その他の建物も現存する南部で最も当時の姿を残したプランテーションであり、クエンティン タランティーノ監督の映画『ジャンゴ 繋がれざる者』の撮影にも使用されました。

米国国家歴史登録財として登録されている建物が 37 棟あり、そのうち 22 棟は当時の配置そのままの奴隷小屋です。 これは実に強く心に感じるものがあり、特にサトウキビ労働者が 1947 年までこうした宿舎で暮らしていたことを知ったのは驚きでした。プランテーションは奴隷労働に依存し、奴隷解放後も解放された奴隷による労働を頼りに引き続き運営されていました。

現在も、エバーグリーン プランテーションは砂糖を生産するプランテーションとして運営されています。 注目に値するこの歴史的なプランテーションに立ち並ぶ、樹齢 200 年のライブ オークの木の下を歩くのを忘れないでください。

B & C シーフード マーケットでランチ

さまざまな文化の融合から生まれた遺産は、ルイジアナの有名な料理にも見ることができます。 スペイン、フランス、アフリカとカリブ海からの影響が混ざり合い、それまでになかったケイジャンやクレオール といった新しいスタイルの美味しい料理が生まれました。 B & C シーフード マーケット & ケイジャン レストランの名物料理は、 エビ、ガンボ、とポテトにクルマエビのサラダです。 レストランはひいきにしている地元の客はもちろん リピーターの観光客で満席でした。 誰もがとてもフレンドリーでした。

ニューオーリンズ プランテーション カントリーは、大都市に近い旅行先でありながら別の世界のまったく別の時代にタイム スリップしたかのように感じられる場所です。 多様で美しい施設の数々は、私の心を捕らえたようにあなたの心も魅了することでしょう。

詳細はこちらから:

Official New Orleans Plantation Country Travel Site

ディスカバーアメリカへようこそ。

登録が完了したため、旅行プランをスーツケースに保存できるようになりました。

探索を開始する

メールアドレスを入力すると、パスワードをリセットするためのリンクが送信されます。

メールをご確認ください。

探索を開始する

アカウントのパスワードが正常に変更されました。 新しいパスワードを使用してログインしてください。

探索を開始する