ニューオーリンズ, ルイジアナ

ルイジアナ州ニューオーリンズ:味覚三昧の 1 日

By Jody Sidle Short


前回ニューオーリンズを訪れたのは 16 歳の時でした。20 年以上も前のことです。その時は、マルディグラの期間に 1 週間滞在しました。とても楽しかったことを覚えています。年月を経て、明らかに多くのことが変わりました。でも、最近この町を訪れて、思い出に残る素晴らしさはまだ残っていて、その素晴らしさがいっそう増していることを発見しました。

この伝説の町をいつ訪れ、どこを出発点とすべきか。食べ物のことも忘れるわけにはいきません。朝から晩まで、ニューオーリンズは味覚にあふれ、帰ってからもその記憶は長くとどまることでしょう。

朝食のベニエとカジュアルなランチの選択肢

1 日の始まりに絶対にすべきことは、カフェ・デュ・モンドでの朝食です。ここはほぼいつも行列ができています。でも、テーブルに着いて粉砂糖がかかったベニエと温かいカフェオレを目の前にすれば、待った甲斐があったと思うはずです。中庭で朝食を取り、ストリートパフォーマーを見物し、眺めを楽しむのは、朝を過ごす最高に楽しい方法です。

の後は、ディケイターまで歩き、水辺に戻って堂々たるミシシッピ川にそって散策することを強くお勧めします。ミシシッピ川とそれにまつわる伝説は、この歴史的都市で決定的な役割を果たしています。それに敬意を払わなければ、ニューオーリンズを訪れたことにはなりません。 人気のフレンチマーケットでは、ランチの選択肢は山ほどあります。ここでは、ヨーロッパの味と偉大なるクレオール料理に出会えることでしょう。私はコンチネンタルプロヴィジョンズで食事をしました。ブリーチーズとハムのサンドウィッチが最高でした。ランチを堪能した後、いろいろな店を見て回り、おみやげと旅の記念をいくつか買いました。

絶品ディナーと飲み物

旅の計画に戻って、ディナーとお酒の時間です。16 歳という年齢で初めてニューオーリンズを訪れたときに聞いた、ニューオーリンズの代表的なドリンク「ザ・ハリケーン」にまつわる物語を今でも覚えています。今回は、ソーバウなどのお店のバーテンダーがつくる、洗練を極めたドリンクをいろいろ教えてもらいました。サゼラック(ライ、ブランデー、ビターズ、ケーンシロップ、アブサン/ハーブセントリンス、レモンツイスト)、マイケル・コリンズ(パワーズ・アイリッシュ・ウィスキー、ラベンダーシロップ、フィジーレモネード)、キャノンボール(ジャスミンティー浸出ラム、ココナッツ、ライム、フェルネ)などのドリンクがあり、ああ、なんてすばらしい。

ディナーでは、ロイヤルストリートのヴァーティマーティで有名なポーボーイを食べてみました。このコンビニエンスストア/カジュアルレストランは、シュリンプ、ランチミート、マッシュルーム、チーズ、その他のおいしい具をはさんだ、オール・ザット・ジャズという名前のサンドウィッチで有名です。

その後、フレンチメンストリートで友人と落ち合い、ジャズバーを何軒か巡りました。実にすばらしい夜でした。ビールを手に、それぞれのバーから流れてくる音楽を聞きながら通りをそぞろ歩きました。好きな音楽があれば、そこに立ち寄り、次のバーに移動しました。ニューオーリンズで毎晩そうだったように、実にすてきな夜でした。

次の日は、ニューオーリンズの文化と見物により多くの時間を割くつもりでいたが、このすてきな町で飲み食いにおぼれてしまいました。なんという夢のような日だったことでしょう。

詳細はこちらから:

ニューオーリンズ コンベンション観光局

ディスカバーアメリカへようこそ。

登録が完了したため、旅行プランをスーツケースに保存できるようになりました。

探索を開始する

メールアドレスを入力すると、パスワードをリセットするためのリンクが送信されます。

メールをご確認ください。

探索を開始する

アカウントのパスワードが正常に変更されました。 新しいパスワードを使用してログインしてください。

探索を開始する