Lake Charles, ルイジアナ

ルイジアナ州レイク チャールズの面白い観光スポット

文: Vange Tapia


ルイジアナ州南西部に車を走らせていて、レイク チャールズという魅力的な街を見つけたとき、私はケイジャン文化を体験したいと強く思いました。 この活気ある歴史的な街には、私が驚き、魅了された素晴しい観光スポットがいくつもありました。

USS オーレック海軍博物館

ルイジアナの料理とお祭りで有名な地域に来て、軍事史について学ぶとは予想外でした。 レイク チャールズにある USS オーレック海軍博物館では、見事な駆逐艦のツアーに参加しました。 この駆逐艦は 1945 年に建造され、朝鮮戦争とベトナム戦争で活躍しました。 1982 年にトルコに売却され、トルコでは 1991 年にペルシャ湾で従軍しました。その後、USS オーレックは南東テキサス戦争記念館および遺産基金に寄付され、ハリケーンで係留場所を失った後、レイク チャールズに移管され、2011 年に博物館としてオープンしました。 すごい話でしょう!

実際に戦艦のツアーに参加するのは、写真で見るのとはまったく違った体験です。 私は戦艦の長い歴史と、退役軍人の献身に心から感謝の気持ちを感じました。

インペリアル カルカシュー マルディ グラ博物館

この博物館の名前は発音が難しかったですが、正しく発音できなくても、米国の湾岸地域で最大数のマルディ グラ コスチュームが保管されていることは、すぐにわかりました。米国のこの地域を訪れたことがない方々のために説明すると、マルディ グラとは、この地の大きなお祭りのことです。 レイク チャールズだけでも、このイベントにコスチュームと山車を出展するために大変な作業を行うクルー (団体) が何十も存在します。 博物館はとても色鮮やかでした。 私は多くのコスチュームの繊細なデザインに驚きました。その色使いと見た目を言葉で表すのは、ほとんど不可能です。 ご自分の目で確かめてください! 私は、特にマルディ グラの伝統についての基本的な説明と情報が気に入りました。 毎年行われるこのお祭りの裏にある慣習をよく理解して、正しく認識することができました。

デクインシー鉄道博物館

小さな町にある小さな施設ですが、デクインシー鉄道博物館は面白い歴史で満ちています。 私は鉄道旅行に特別に興味があるので、蒸気エンジン、客車、2 台の車掌車などの本物の機関車と車両の展示に夢中になりました。 建物自体は 1923 年の列車車庫です。私は、タイルの床と木のベンチが建築当時のものだと知って驚きました。 屋外の線路は、今でも使用されています。 時間を合わせてここを訪れると、屋外の展望エリアから現代の列車が通過するのを見ることができます。

鉄道博物館の隣は、遊び場とピクニック エリアのある公園になっています。 小さなお子様がいるご家族にとって、この博物館への訪問は、楽しく、ためになるものになるでしょう。

レイク チャールズとその周辺地域には、魅力ある歴史や知りたい文化がたくさんあります。 私は、この暖かく歓迎的な街を訪れて、とても気に入りました。

トピック:

詳細はこちらから:

レイクチャールズのオフィシャル トラベルサイト

ディスカバーアメリカへようこそ。

登録が完了したため、旅行プランをスーツケースに保存できるようになりました。

探索を開始する

メールアドレスを入力すると、パスワードをリセットするためのリンクが送信されます。

メールをご確認ください。

探索を開始する

アカウントのパスワードが正常に変更されました。 新しいパスワードを使用してログインしてください。

探索を開始する