このサイトでは、より快適に閲覧できるようCookieを使用しています。Cookie使用の詳細については、こちらをご覧ください。

x
OK
ユーニス, ルイジアナ

ケイジャン音楽

ケイジャン&ザイディコでステップを踏む


なごやかな農村ユーニスは、ルイジアナのケイジャン&ザイディコの中心地。これらの音楽が育まれた土地です。 あちこちにあるくつろいだ雰囲気の一流店や、1年を通じて開催されるさまざまなフェスティバルから聞こえてくるこれらの旋律に、誰もが心を奪われてしまいます。

ケイジャンとザイディコには、いくつかの類似点があります。どちらもこの地域をルーツとします。 ケイジャン音楽は、18世紀後半に南西ルイジアナに入植したアカディア人の移民達に端を発し、たいていフランス語で歌われます。 ザイディコは、19世紀半ばにこの地域のアフリカ系アメリカ人の小作農民、奴隷、農場経営者達から生まれました。 これらの音楽は互いに深く影響し合い、いくつか共通の楽器を使用します(特にメインとなるアコーディオン)。しかし、ケイジャン音楽はフランスなどのヨーロッパ民俗音楽の影響を受け、ザイディコはブルース、アフロカリビアンミュージック、R&Bの影響を受けています。

ケイジャンの音楽と伝統に興味があれば、ユーニス市街にあるプレーリーアケイディアン文化センター(ジーンラフィット国立歴史公園および保護区の一部)がお勧めです。 この現代的な博物館には、ケイジャンやザイディコのコンサートが行われる劇場のほか、ケイジャン料理の実演や、地元の音楽、工芸品、農業に関する展示もあり、見ごたえたっぷりです。

ユーニスの土曜日の夜と言えばたった1つ。ケイジャン版グランドオールオープリーとも言うべきファミリー向けのバラエティショー、ランデブーデケイジャンです。 1920年代の劇場を改装したリバティセンターフォーザパフォーミングアーツで行われるこのショーは、地元のラジオ局で生放送されます。 現在のランデブーには、ザイディコとケイジャンのバンドが出演します。ステージの下では地元の人々がステップを踏み、ホストがケイジャン語混じりの英語で軽快なジョークを交えて、レシピやトークを披露します。 ショーの後は、ダウンタウンにある1930年代の天井の高いスタイリッシュなバー&グリル「ニックスオンセカンド」へ。ライブ音楽と素晴らしいケイジャン料理を楽しむことができます。

ユーニス近郊のサヴォイミュージックセンターで土曜日の朝に開かれるジャムセッションは、数十年前から有名無名のミュージシャンを惹きつけてきました。 この楽器店のオーナー、マーク・サヴォイは毎週末、手作りのケイジャンアコーディオンを使って仲間達とセッションを行います。 そこからそれほど遠くないマムーという小さな町では、土曜日の朝のラジオの公開録音でライブが開催される「フレッズラウンジ」に人々が詰めかけます。 ここは、朝食にビールを楽しむ常連でいつも賑わっていて、ルイジアナで熱いケイジャン音楽を生で楽しめるベストスポットの1つです。

この旅行プランは次の場所で見つかります。

1,000 Places to See in the United States & Canada Before You Die©

当サイトに記載されている場所の連絡先の詳細、アメリカ旅行のその他のアイデアは、ベストセラーとなっているパトリシア・シュルツの本でご覧いただけます。

ディスカバーアメリカへようこそ。

登録が完了したため、旅行プランをスーツケースに保存できるようになりました。

探索を開始する

メールアドレスを入力すると、パスワードをリセットするためのリンクが送信されます。

メールをご確認ください。

探索を開始する

アカウントのパスワードが正常に変更されました。 新しいパスワードを使用してログインしてください。

探索を開始する