このサイトでは、より快適に閲覧できるようCookieを使用しています。Cookie使用の詳細については、こちらをご覧ください。

x
OK
ルイビル, ケンタッキー

ケンタッキーダービー

薔薇をめぐるサラブレッドの戦い「ラン フォー ザ ローゼズ」


「ケンタッキーダービーとは、それがレースであろうと、感動であろうと、混乱であろうと、爆発であろうと何であろうと、私がこれまで経験した中で最も美しく、激しく、満足感を与えてくれるものだ」小説家ジョン・スタインベックの言葉です。 ケンタッキーダービーは、「スポーツの中で最も偉大な2分間」と形容されることがありますが、決しておおげさではありません。アメリカで一度も中断されることなく開催を続けている最も古いスポーツイベントであり、世界で最も権威のあるレースの1つです。

ケンタッキーの競馬の歴史は1789年から始まりました。ルイビルのチャーチヒルダウンズがケンタッキーダービーの本拠地としてレースが開催されたのは、それからほぼ100年後のことでした。 2005年、1億2,100万ドル(7,800万ポンド)かけた施設の改修が完了しました。この年、ケンタッキーダービーの優勝賞金は200万ドル(130万ポンド)に増額されました。 優勝馬に赤い薔薇をあしらったブランケットをかけるのが伝統です。

レース前の2週間、ケンタッキーダービーフェスティバルが開催されます。ハナミズキが咲き誇り、このブルーグラスの州の1年で最高のときです。 1年に1度の全米最大の花火大会、サンダーオーバールイビルがフェスティバル開始の合図。舞台となるオハイオ川の河畔には、この迫力満点の催しを見ようとたくさんの人々が詰めかけます。 他に、熱気球、マラソン、ペガサスパレードなどの催しもあります。昔ながらの蒸気船レースでは、(お祭り好きの人々やダービーの覇者を乗せた)地元ルイビルのベルオブルイビル号とニューオーリンズのデルタクイーン号の戦いが繰り広げられます。

「ラン フォー ザ ローゼズ」を観戦しない人でも楽しめる「ダウンズの夜明け」は、ダービー前の土曜日からダービーウィークの木曜日まで開催。 ケンタッキースタイルのブッフェ式の朝食を楽しみながら、名馬達の調教を見ることができます。 ついに、ダービー前日のオークスデーを迎えると、サラブレッドの3歳牝馬のグランド1ステークスレースを観戦する人々がパドック、正面観覧席、インフィールドを埋め尽くします。 ダービーシーズンを逃してしまったら、ケンタッキーダービー博物館がお勧めです。数々の優勝馬の素晴らしい記録が飾られており、過去のレースの興奮が甦ります。

シールバッチホテルは、1905年の開業以来、裕福なダービーファンに愛されてきました。 ホテルの心地良く壮麗な雰囲気はゲストを魅了し、アメリカの作家F・スコット・フィッツジェラルドの「華麗なるギャツビー」にも登場しました。 ホテルの華やかな高級ダイニングレストラン「オークルーム」はかつて、アル・カポネのような人達が集うビリヤードルームでした。

この旅行プランは次の場所で見つかります。

1,000 Places to See in the United States & Canada Before You Die©

当サイトに記載されている場所の連絡先の詳細、アメリカ旅行のその他のアイデアは、ベストセラーとなっているパトリシア・シュルツの本でご覧いただけます。

ディスカバーアメリカへようこそ。

登録が完了したため、旅行プランをスーツケースに保存できるようになりました。

探索を開始する

メールアドレスを入力すると、パスワードをリセットするためのリンクが送信されます。

メールをご確認ください。

探索を開始する

アカウントのパスワードが正常に変更されました。 新しいパスワードを使用してログインしてください。

探索を開始する