このサイトでは、より快適に閲覧できるようCookieを使用しています。Cookie使用の詳細については、こちらをご覧ください。

x
OK
ケンタッキー

ケンタッキー州で過ごす休日:南部料理とバーボンを味わい尽くす

By Jody Sidle Short


乗馬、田園の景観、アウトドア体験などケンタッキー州名物が数ある中で、今回の旅行での私の狙いはグルメとバーボンでした。この琥珀色の蒸留酒がケンタッキー州の料理、文化、さらにはお菓子にまで及ぼしてきた影響に興味があったからです。

バッファロートレース蒸留所のバーボン

バーボン研究の旅を始めるのに最もふさわしい場所は、何といってもフランクフォートのバッファロートレース蒸留所でしょう。この受賞歴ある蒸留所は、200 年以上もの間バーボンを製造し続けており、バーボンを知り尽くしているからです。ここのファミリー向きのツアーは、参加するだけの価値があるものでした。ガイドは知識が豊富で、バーボンの製造背景に関する興味深い話が聞けました。醸造所周辺の敷地は美しく、この最高の気候に青々とした芝の上に広げるお弁当を持っていないのを残念に思いました。うれしいことに、この蒸留所が製造しているバーボンのうち 3 種類を試飲する機会があり、思わず「おかわり」をねだってしまいました。

チョコレート三昧

次に向かったのは、こちらもフランクフォートにあるチョコレート製造販売の「レベッカ・ルース・キャンディーズ」です。ここでもツアーに参加し、レベッカ・ルースの歴史にまつわる楽しい話を聞き、始めから終わりまでのキャンディー製造工程を見学しました。先に述べたように、バーボンがケンタッキー州で与えてきた影響は多岐にわたり、チョコレートもその 1 つです。同社を広く知らしめたのはバーボンボールで、バーボンで香りづけしたクリームたっぷりの生地をチョコレートでコーティングし、ピーカンナッツをトッピングしたものです。バッファロートレースのバーボンクリームを味わった後に、レベッカ・ルースのバーボンボールを味わうという、この実にユニークな組み合わせは至福の体験でした。

もう 1 軒、地元と観光客の間で人気のショップは、ルイビルの「ムースズキャンディーズ」です。どれもおいしくて離れたくなくなりますが、特にお勧めなのはモジェスカです。柔らかいマシュマロにバターとクリームキャラメルを絡めた、たまらない味わいです。

グルメを満喫

ルイビルには「アーバン・バーボン・トレイル」もあります。このツアーのレストランはどこもおいしく、ハイグレードの料理と飲み物を提供しています。私のお気に入りの 1 つは「ハーベスト」です。ここのオーナーはとても親切で、ケンタッキー州でも指折りの郷土料理がここで食べられます。この店は半径 130 km 圏内の地元食材しか使わず、最高のメニューを揃えています。中でも私が食べたバターミルク・フライド・チキンは断然お勧めです。

このトレイルで私にとってのメインイベントだった 2 店もご紹介させてください。「プルーフ・オン・メイン」と「ブラウン・ホテル・ロビー・バー」です。「プルーフ・オン・メイン」は個性的な品揃えのセンスあるお店です。私が味見したのは、ウッドランド・ファーム・ポーク・チョップ、田舎風のハムのファラフェール、スモーク・ケンタッキー・キャットフィッシュ・ディップでした。「ブラウン・ホテル・ロビー・バー」ではゴージャスなバーと上品な食事が満喫できます。ここでは舌平目とエスカルゴの前菜を選びましたが、どちらも極上の味わいでした。

上品な食事とは対照的に、地元ケンタッキーの人気店で、すぐに私のお気に入りにもなったのは、ベルサイユの「ウォレスステーション」とレキシントンの姉妹店「ウィンディーコーナー」の 2 店です。どちらもケンタッキーの本格家庭料理を取り揃えており、味蕾を喜ばせてお腹をいっぱいにしてくれるはずです。

ケンタッキー州がグルメ向きで、定番を一捻りした個性派グルメにもぴったりな場所であることがおわかりいただけたでしょうか。私も大好きなバーボン、チョコレート、グルメをぜひご体験ください。

詳細はこちらから:

ケンタッキー州観光局

ディスカバーアメリカへようこそ。

登録が完了したため、旅行プランをスーツケースに保存できるようになりました。

探索を開始する

メールアドレスを入力すると、パスワードをリセットするためのリンクが送信されます。

メールをご確認ください。

探索を開始する

アカウントのパスワードが正常に変更されました。 新しいパスワードを使用してログインしてください。

探索を開始する