ケンタッキー

ケンタッキー州:この州の文化的な多様性を知る旅

By Jody Sidle Short


ケンタッキー州を旅すると、地域がさまざまに変化することがわかります。あるとき馬牧場の美しい風景を目にしたと思えば、次の瞬間には多数のバーやレストランがあり、ニューヨークやシカゴなどの大都市のシェフに比肩する世界トップレベルのシェフがいる街に出くわします。この景観の多様性は、私が今までに目にしたどの文化にも似ていない、文化的な多様性としても表れており、その分野は民芸からクラフト蒸留まで多岐にわたります。

パデューカの民芸品

最初の滞在地は、芸術溢れる川の街、パデューカでした。ケンタッキー州のどこに行っても、地元の人々は気さくで親切と感じますが、パデューカのもてなしは予想を遥かに上回るものでした。到着日の夜、ある地元レストランに入っていくと、私は毎週その時間にレストランに来る常連客であるかのように店主に出迎えられました。パデューカに滞在すればするほど、誰もが同様の温かさで接してくれることがわかりました。

この魅力的な街は、世界最大のキルト博物館である国立キルト博物館があることで有名です。大規模なキルトイベントの開催地でもあり、世界中からコンテスト参加者やキルトファンが集います。しかし、ここのアピールポイントはキルトだけではありません。パデューカ下町のアート地区に惹きつけられてこの地に永住する芸術家は多く、ギャラリーに改築された家々でハンドメイドの作品が制作販売されています。魅力的な家々と歴史を持つこの町全体を穏やかな雰囲気が包み込み、居心地のいい町にしています。

ブルーグラス音楽

パデューカからさほど遠くないオーエンズボロでは、国際ブルーグラス音楽博物館でまったく異なるタイプの文化に出会えます。ここはブルーグラス音楽に関する世界で唯一の博物館であり、世界中のブルーグラスの歴史に関わる楽器や作品が展示されています。タイミングの悪いことに、ROMP フェスティバルの開催時期には合いませんでした。ブルーグラス音楽のルーツと支流を祝う 4 日間の祭典が毎年ここで開かれているのです。このフェスティバルの常連の何人かと話す機会があり、来年は必ず ROMP フェスティバルの時期にここに戻ってくると心に決めたのでした。

バーボンはいかが

タイミングがよかったのは、次の滞在地ベルサイユで、ケンタッキー州のシンボルであるたくさんの馬牧場に囲まれて建つウッドフォードリザーブ蒸留所で素晴らしい世界と出会えたことです。この蒸留所は毎日何回かのツアーを設けており、私が参加したのは、これまで経験した中で最高のツアーの 1 つでした。このときに案内してくれたガイドは、ツアーのテーマであるバーボンの製造知識と歴史のどちらにも造詣が深く、感銘を受けました。おかげで試飲室でウッドフォードバーボンを試飲する頃には、すっかり専門家になった気分でした。

ケンタッキー州の文化は極めてたくさんの要素から成り立っており、旅行の目的を問わず、この「ブルーグラスの州」には旅行に求めるすべてがあり、特別な何かが見つかるかもしれません。

詳細はこちらから:

ケンタッキー州観光局

ディスカバーアメリカへようこそ。

登録が完了したため、旅行プランをスーツケースに保存できるようになりました。

探索を開始する

メールアドレスを入力すると、パスワードをリセットするためのリンクが送信されます。

メールをご確認ください。

探索を開始する

アカウントのパスワードが正常に変更されました。 新しいパスワードを使用してログインしてください。

探索を開始する