このサイトでは、より快適に閲覧できるようCookieを使用しています。Cookie使用の詳細については、こちらをご覧ください。

x
OK

マサチューセッツ州(Massachusetts)の大都市ボストン(Boston)と、ロードアイランド州(Rhode Island)の港湾都市ニューポート(Newport)の魅力

クリスティン・ネルソン(Cristin Nelson)


マサチューセッツ州(Massachusetts)の州都、ボストン(Boston)には、アメリカ初期の 史跡、文化施設、高級ショッピング街、レストランなどが盛りだくさん。 隣接するロードアイランド州(Rhode Island)ニューポート(Newport)は、植民地時代の主要な港湾都市が、19 世紀後半に富裕層向けの有名なリゾート地になった町。ここでは、当時の邸宅を巡るツアーや、ショッピング、レストラン、ビーチ、ウォーターアクティビティなどを楽しめます。 風光明媚なニューイングランド(New England)を舞台に、2 つの都市が育んだ文化と、小さな町ならではの魅力を探りましょう。

ボストン(Boston)の歴史と文化にフォーカス

ボストン(Boston)は、アメリカ最古の都市の 1 つ。ここには、植民地時代の豊かな歴史があふれています。その歴史を最も色濃く反映しているのが、ダウンタウンを簡単に巡ることができる全長 4 キロのフリーダムトレイル(Freedom Trail)です。 このトレイルは、アメリカの歴史を称える記念碑や建造物へとのびています。 270 年以上にわたって市場や集会場として機能してきた、ファニエルホール(Faneuil Hall)などもその 1 つです。 現在のファニエルホール(Faneuil Hall)はレストランやショッピングの拠点となっており、ロブスターロールやクラムチャウダーのような地元の人気料理を味わえます。 

隣接する歴史地区ビーコンヒル(Beacon Hill)では、19 世紀から 20 世紀初頭に遡る煉瓦の家並みや石畳の小道を味わいながら散策を楽しめます。 締めくくりは、ボストンで一番おしゃれなニューベリー通り(Newbury Street)。ここでは、高級品のショッピング、魅力あふれるギャラリー巡り、活気あるダイニングシーンやナイトライフを楽しめます。

2 日目は、アートと自然が融合したボストン美術館(Museum of Fine Arts)を訪問しましょう。 50 万点以上の作品を所蔵する世界有数の美術館です。 多岐にわたる芸術品の収集とヴェネツィア様式の中庭で親しまれている、イザベラ・スチュワート・ガードナー美術館(Isabella Stewart Gardner Museum)もお勧めです。 

都会の中で豊かな自然を楽しめるボストン・パブリック・ガーデン(Boston Public Garden)には、美しい花壇、印象的な彫像があり、礁湖ではスワンボートが乗客を運びます。 それとも、フェリーでボストン・ハーバー・アイランズ(Boston Harbor Islands)へ渡り、緑あふれる敷地内で、ピクニック、ハイキング、スイミング、野生動物の観察、軍事要塞や史跡を巡ってはいかがでしょうか。

ボストンからニューポートまでの道のり 

ボストンからニューポートまでは、車またはピーターパン(Peter Pan)バスで 90 分。 自身で車を運転する場合は、ぜひプリマスプランテーション(Plimoth Plantation)にお立ち寄りください。ここは、ネイティブアメリカンや、約 400 年前にこの地にやってきた最初の入植者に遭遇できる「再現型歴史博物館」です。グリーン・アニマル・トピアリー・ガーデン(Green Animals Topiary Garden)は、アメリカ最古の装飾庭園です。バトルシップコ-ブ(Battleship Cove)は、歴史上有名な軍艦の世界最大のコレクションを所蔵しています。

歴史ある邸宅とビーチが手招きするニューポート(Newport) 

ニューポート(Newport)では、一部の裕福な実業家たちが、休暇を過ごす豪華な「コテージ」を建てた 19 世紀後半の金ピカ時代(Gilded Age)を象徴する、「権威ある」アメリカの内幕を垣間見ることができます。 ニューポート(Newport)の海辺にある豪華な邸宅の多くでは、ツアーが開催されています。タバコ王の娘である遺産相続人、ドリス・デューク(Doris Duke)が 1891 年に建てた 49 室を有する別荘、ラフポイント(Rough Point)もその 1 つです。 ニューポート(Newport)の東岸 5.5 キロにわたるクリフウォーク(Cliff Walk)は、壮大な海の景観と、邸宅の美しい外観を眺められる絶景ポイントです。 ニューポート・ヒストリー・ツアー(Newport History Tours)では、植民地時代に建てられた 300 以上の建造物の一部を巡るウォーキングツアーに参加して、さらに過去へと遡ることができます。

2 日目は、ニューポート(Newport)の海辺の魅力を満喫してください。 地元でファーストビーチ(First Beach)と呼ばれるイーストンズビーチ(Easton's Beach)は、夏の間、日光浴客や水泳客で賑わう人気スポット。カーニバル、ジャズやロックのコンサート、手品師やストーリーテラーによるパフォーマンスなど、毎年さまざまな特別イベントが開催されています。 もっと静かな場所で水泳を楽しみたいなら、Third Beach(サードビーチ)がお勧め。波が穏やかなこのビーチは、小さなお子様連れの家族にぴったりのスポットです。 

海を別の角度で楽しみたければ、ニューポートランディング(Newport Landing)でホエール・ウォッチング・ツアーはいかがでしょう。巨大なシロナガスクジラやイルカだけでなく、時にはサメまで出現することがあります。 ガンセットクルーズ(Gansett Cruises)のボートツアーもお忘れなく。夕日に色づくニューポート(Newport)の絶壁は圧巻です。

ボストン(Boston)-ニューポート(Newport)の旅に欠かせないレストラン、カフェ、ショップのご紹介: 

ボストン(Boston)

ザ・キュリアス・ジョージ・ストア(The Curious George Store)(住所:1 JFK St., Cambridge):子供たちに大人気のいたずら好きな猿、キュリアス・ジョージ(Curious George)の世界唯一の専門店。 

ケイト・スペード・サタデー(Kate Spade Saturday)(住所:Prudential Center, 800 Boylston St.):ニューヨーク(New York)のデザイナー、ケイト・スペード(Kate Spade)が展開する、女性向けのリーズナブルなファッション・コンセプト・ストア。

ナンバー 9 パーク(No. 9 Park):(住所:9 Park St.):有名シェフ、バーバラ・リンチ(Barbara Lynch)が手がけるフランス料理をヒントにした大人気の高級レストラン。 

ロウ 34(Row 34)(住所:383 Congress St.):モダンな雰囲気の中で、豊富な種類のビールと抜群に新鮮なシーフードを堪能できるレストラン。

ステファニーズ・オン・ニューバリー(Stephanie's on Newbury):(住所:190 Newbury St.):ニューバリー通り(Newbury Street)にあるカジュアルでエレガントなレストラン。暖かい季節には、人気の高いパティオで食事ができます。 

ニューポート(Newport)

ブリック・マーケット・プレイス(Brick Market Place)(住所:221½ Goddard Row):モダンなファッション、ジュエリー、ギフトを扱うショップ。二十数店舗を展開。 

クリスティーナ・リチャーズ(Kristina Richards)(住所:17 Touro St.):ロードアイランド(Rhode Island)出身のクリスティーナ・リチャーズ(Kristina Richards)がデザインと監修を手がける女性向けファッションの専門店。

ザ・ムアリング(The Mooring):(住所:1 Sayers Wharf):新鮮な牡蠣やシーフードを専門とし、ニューポート(Newport)の港を一望できるレストラン。 

スタイルニューポート(Style Newport(住所:306 Thames St.):ロードアイランド州(Rhode Island)で手作りされた、航海をテーマにしたジュエリーを販売。おしゃれなテムズ通り(Thames Street)にあるお店。

ザ・ホワイト・ホース・タバーン(The White Horse Tavern)(住所:26 Marlborough St.):1673 年から現在まで続く、アメリカ最古とされる居酒屋。

詳細はこちらから:

Official Boston Travel Information

ディスカバーアメリカへようこそ。

登録が完了したため、旅行プランをスーツケースに保存できるようになりました。

探索を開始する

メールアドレスを入力すると、パスワードをリセットするためのリンクが送信されます。

メールをご確認ください。

探索を開始する

アカウントのパスワードが正常に変更されました。 新しいパスワードを使用してログインしてください。

探索を開始する