このサイトでは、より快適に閲覧できるようCookieを使用しています。Cookie使用の詳細については、こちらをご覧ください。

x
OK
インディアナ

パーク郡

アメリカの屋根付き橋のロマンスを体験


アイオワ州の自慢はマディソン郡の橋ですが、知名度はそれより落ちるものの、西中央インディアナのパーク郡は、屋根付き橋が多く存在する都市としては非公式ながらも世界第1位の座を誇っています。 1885年までに全国に10,000を超える木造の屋根付き橋が建設され、現在はその90パーセント以上が消失しています。 そのうちの30本がここに残っており、国家歴史登録材に登録されています(他に22本ありましたが、自然災害や放火で失われたり、保護が開始される前に撤去されたりしました)。

ブリッジトンという屋根付き橋には水車と滝があり、これがおそらく中西部で撮影される写真で最もよく見かける姿です。今では古き時代のまさに象徴として捉えられていますが、1800年代後半から1900年代前半には非常に実用性に富んだ橋でした。 屋根は、風雨を避けたり、激流に驚きやすい馬を安心させる役割を果たしていました。 屋外でのピクニック、パーティ、結婚披露宴に使われることもよくありました。 このような橋は、馬車が使われていた時代の恋人達にとって特に便利でした。橋が恋人達にとってつかの間のプライバシーを持てる場所であったことから、「キスの橋」という愛称が生まれました。

ロックヴィルの町の裁判所地区は、10月にはカバードブリッジフェスティバルの本部となります。 パーク郡全域の小さな町がそれぞれ独自の美術工芸に関するアクティビティとエンターテイメントを開催します。 色分けされたバスに乗るか、セルフガイドのドライブツアーに参加すると、フェスティバル全体を見ることができます。その後は自分の好きな場所を選んでじっくりと探検してください。 最も古い橋はクルックス橋( 1856年頃)、最も新しい橋はネヴィンス橋( 1920年頃)、最も短い橋はフィリップス橋(13m)です。これらはすべてリトルラクーンクリークに架かる橋です。 最も長い橋は、シュガークリークにある96mのウェストユニオン橋です。

2月の最後の週末と3月の最初の週末にはパーク郡メープルフェアが開催され、昔ながらの伝統をお祝いします。 パーク郡全体で「シュガーキャンプ」が行われ、カエデの木をコツコツ叩いてシロップが作られます。 冬の朝食のたっぷりのパンケーキとソーセージで、お祝いの雰囲気が盛り上がります。

この旅行プランは次の場所で見つかります。

1,000 Places to See in the United States & Canada Before You Die©

当サイトに記載されている場所の連絡先の詳細、アメリカ旅行のその他のアイデアは、ベストセラーとなっているパトリシア・シュルツの本でご覧いただけます。

ディスカバーアメリカへようこそ。

登録が完了したため、旅行プランをスーツケースに保存できるようになりました。

探索を開始する

メールアドレスを入力すると、パスワードをリセットするためのリンクが送信されます。

メールをご確認ください。

探索を開始する

アカウントのパスワードが正常に変更されました。 新しいパスワードを使用してログインしてください。

探索を開始する