このサイトでは、より快適に閲覧できるようCookieを使用しています。Cookie使用の詳細については、こちらをご覧ください。

x
OK
シカゴ, イリノイ

リグレーフィールド

偉大なるアメリカの野球場で偉大なるアメリカのスポーツを観戦


1914年4月23日にオープンしたウィーグマンパークは、座席がフィールドに近く、傾斜があり、2階スタンドやスカイボックスはなく、当時の典型的な野球場でした。 現在はリグレーフィールドと呼ばれ、野球場としては他に類を見ない存在です。

この野球場は、チャールズ・ウィーグマンにより、短命だったフェデラルリーグに加盟していた彼の球団、シカゴホエールズのために建設されました。 1915年のシーズンの後、この新規参入リーグが解散すると、彼は投資家グループに参加してナショナルリーグの球団を買収し、自らのスタジアムに移転。シカゴのノースサイドでの1世紀近くの硬式野球の歴史が(そして無念の歴史も)始まりました。 1919年、チューインガム会社の幹部だったウィリアム・リグレーがこのチームの全権を握り、1926年にこの球場をリグレー・フィールドに改名しました。 ボストンのフェンウェイパークに次いで、メジャーリーグで2番目に古く、フェデラルリーグで残っている唯一の野球場です。

その後、2階スタンドとスカイボックスシートが追加され、収容人数を14,000から41,000に増やしましたが、「The Friendly Confines (フレンドリーな雰囲気)」と呼ばれる親しみやすさは変わりません。 1937年には、センターの壁をレンガ造りのコンクリートに改修し、前面をツタで覆いました。これがこの野球場最大の特徴です。打ったボールがこのツタの茂みに入り込み行方不明になると、自動的に「エンタイトルツーベース」になります。 同じ年に、8m×23mの手動のスコアボードが設置されました。手動のスコアボードは2つしか残っておらず、もう1つはフェンウェイパークのものです。打ったボールが直撃したことはまだありません。試合が終わると、電車に乗っている人々に結果を知らせる「W」または「L」の旗が掲げられます。

リグレーフィールドは、野球界で最初に、常設場内売り場(1914)、オルガン(1941)、ダグアウトとブルペンを繋ぐ携帯電話システム(2006)を導入しました。 ファンがスタンドに飛んできたファウルボールをもらえるようになった最初の球場でもあり、ファンが敵チームのホームランボールをフィールドに投げ返した最初の球場でもあります(これは現在でも怒号を飛ばすファンによって厳しく守られている習慣です)。 また、メジャーリーグ球場の中でナイター用の照明灯を最後に設置した球場です(1988年に初めて照明を使って行われた試合は3回表終了後に雨天中止になりました)。 1932年のワールドシリーズ第3戦では、ベーブ・ルースがセンターの外野席を指差し、その直後に、指差した先にホームランを放ったと言われています。また、伝説のアナウンサーのハリー・ケリーが、セブンスイニングストレッチで観客をリードして「Take Me Out to the Ballgame」を賑やかに歌っていました。 シカゴのナショナルフットボールリーグチームのベアーズは、ソルジャーフィールドに本拠地を移す前、この球場を本拠地として、8回のリーグ優勝を果たしました。 リグレーフィールドで未だ果たされていないのは、カブスのワールドシリーズ優勝です。カブスが「フォールクラシック」を最後に制したのは1908年ですが、「今年こそカブスの年」というファンの間の伝染病のような期待がリグレー球場を包む雰囲気の最大の特徴です。

この球場の近隣のリグレーヴィルには、土産物を売る行商やストリートミュージシャン、たくさんのナイトスポットがあります。もちろんスポーツバーもあり、長年にわたって愛されている「カビーベアラウンジ」などでは、勝っても負けてもパーティが開かれます。

この旅行プランは次の場所で見つかります。

1,000 Places to See in the United States & Canada Before You Die©

当サイトに記載されている場所の連絡先の詳細、アメリカ旅行のその他のアイデアは、ベストセラーとなっているパトリシア・シュルツの本でご覧いただけます。

ディスカバーアメリカへようこそ。

登録が完了したため、旅行プランをスーツケースに保存できるようになりました。

探索を開始する

メールアドレスを入力すると、パスワードをリセットするためのリンクが送信されます。

メールをご確認ください。

探索を開始する

アカウントのパスワードが正常に変更されました。 新しいパスワードを使用してログインしてください。

探索を開始する