Chicago North Shore, イリノイ

シカゴ ノース ショアの文化を訪ねる旅

文: Heiko Obermoeller


活気あふれるシカゴとその周辺には素晴らしい場所がたくさんあります。シカゴのすぐ北にあるミシガン湖畔のノース ショア地域は、興味深い文化的なランドマークが目白押しです。 この次にイリノイ州を訪れるときには必見です。

イリノイ州ホロコースト博物館

夕方にイリノイ州ホロコースト博物館に着いたとき、建物の外観は、この博物館のテーマの 1 つである 闇から光への旅を表していました。 建物の入口側は黒く塗られ、わずかな明かりがあるだけですが、出口側は明るい色で塗られ、明るい照明が当てられています。 有名な建築家のスタンリー タイガーマンが設計した美しい建築テーマは、館内の展示物にまで引き継がれています。

ホロコーストの暗い時代を伝える多くの痛ましい写真、絵画やビデオに混じって、照明の美しい趣のある Hall of Reflections (熟考の間) や Room of Remembrance (追憶の間) など、見たことを立ち止まってじっくりと思い返す場もあります。 子供向けのカラフルでインタラクティブな展示は、社会のいじめの問題を鮮明に映し出すとともに、前向きな希望にあふれた道を示しています。 この博物館は、死者の名誉を讃え、憎しみと偏見との闘いを人々に知ってもらおうと全力を尽くしたホロコーストの生存者によって設立されました。

印象的なバハイ教礼拝堂

翌朝、早起きしてミシガン湖の風光明媚な岸辺をドライブし、シカゴ ノース ショアのもう 1 つの興味深い文化遺産、 ウィルメットのバハイ教礼拝堂に向かいました。 遠くから、レースのような装飾で覆われた高さ 42 m のドームが見えます。 このバハイ教礼拝堂は、米国唯一の施設で (世界でも 8 つしかありません) 世界最古です。 礼拝堂は「統一」を象徴する場所で、信仰に関係なくあらゆる所からあらゆる人々を受け入れています。

建物の美しさに感動しながら、周りの庭を散策して、優雅な噴水を通り過ぎました。 その後、寺院内部のビジター センターを訪れ、広いホールを覗いてみました。ホールも美しく繊細な設計が施され、1,000 人以上を収容できます。

シカゴ ノース ショアではこのような素晴らしい文化遺産に魅了されました。 もう今から次に来るのが楽しみです。

詳細はこちらから:

Chicago's North Shore Convention & Visitors Bureau

ディスカバーアメリカへようこそ。

登録が完了したため、旅行プランをスーツケースに保存できるようになりました。

探索を開始する

メールアドレスを入力すると、パスワードをリセットするためのリンクが送信されます。

メールをご確認ください。

探索を開始する

アカウントのパスワードが正常に変更されました。 新しいパスワードを使用してログインしてください。

探索を開始する