このサイトでは、より快適に閲覧できるようCookieを使用しています。Cookie使用の詳細については、こちらをご覧ください。

x
OK
オアフ島, ハワイ

太平洋航空博物館パールハーバー


オアフと聞いて多くの旅行者が思い浮かべるのは、「マイタイ」カクテル、息を飲むような夕日、そして美しい砂浜でしょう。しかしここは、アメリカの歴史的要所の 1 つ、真珠湾が位置する場所でもあります。そしてここに太平洋航空博物館パールハーバーがあります。「空の戦場」となった地に建つこの博物館は、太平洋史で航空機が果たした役割を、視覚に訴える見事な展示で物語っています。トリップアドバイザが「全米トップ10の航空機アトラクション」の 1 つに選んだのもうなずけます。

この博物館には、1941 年 12 月 7 日の真珠湾攻撃を生き延びた、第二次世界大戦時代の 2 つの格納庫と、フォードアイランド管制塔があります。格納庫とそれを取り囲む駐機場には、弾痕、銃撃の跡、爆弾でできたへこみなど、攻撃の傷跡が今なお残っています。

格納庫に一歩入ると、時代を超えて歴史の 1 ページに迷い込んだような気分になるはずです。最初に入る 200 席のシアターでは、日本軍による攻撃当時についての生存者の話を盛り込んだ短い映像をご覧いただけます。シアターを出ると見えるのが、当時の航空機の展示です。

展示されている 48 機の中には、ひと目でそれとわかる有名なカーチス P-40 ウォーホーク、三菱零式艦上戦闘機、ジョージ H.W. ブッシュ前大統領も操縦した 1942 ステアマン複葉機、そして真珠湾攻撃後にニイハウ島に不時着した零戦の残骸もあります。他にも、B-17 戦闘機「スワンプゴースト」フライングフォートレス、F-15 戦闘機「イーグル」、AH-1 攻撃ヘリ「コブラ」など、名だたる戦闘機の数々が展示されています。プロペラ機から朝鮮戦争やベトナム戦争で使用されたジェット機に至るまで、この博物館は、航空機の速度や攻撃力の進歩の歴史を見事なまでの展示で示しています。

第二次世界大戦の空中戦に関する展示がほとんどの関心を集める一方、民間航空機も、太平洋の航空史における歴史的節目に寄与しています。その 1 つとして、空の旅が贅沢と考えられていた時代に運行していた、かつてのパンアメリカン航空の太平洋横断便に関する詳しい説明も展示物に含まれています。伝説の女性飛行士、アメリア・イアハートのハワイ滞在時の様子を収めた写真展示もお見逃しなく。

圧倒的な航空機の展示は当然ながら、この博物館の何よりの特徴は、航空史における重要な出来事の人間的側面を伝えることに重きを置いている点です。そのため、この博物館では来場者により満足していただくためのガイド付きツアーをいくつか用意しています。ガイドの多くは、展示されている航空機を直接知る退役軍人なので、ツアーの参加中に彼らの個人的なエピソードの数々に触れることもできるはずです。

すべての展示を見終わったら、戦闘飛行シミュレータのコックピットに上り、一流飛行士になったつもりで操縦を試し、空の世界に耽ってみるのはいかがでしょう。お腹がすいたら、博物館の右側にある「ラニアケアカフェ」に入って、フォードアイランドで一番の料理をぜひお試しください。カフェの並びにある「ミュージアムストア」ではお土産をお買い求めいただけます。ツアーの予約は PacificAviationMuseum.org からお申込みください。

太平洋航空博物館トラベルサイト

詳細については、次のサイトをご覧ください。

ディスカバーアメリカへようこそ。

登録が完了したため、旅行プランをスーツケースに保存できるようになりました。

探索を開始する

メールアドレスを入力すると、パスワードをリセットするためのリンクが送信されます。

メールをご確認ください。

探索を開始する

アカウントのパスワードが正常に変更されました。 新しいパスワードを使用してログインしてください。

探索を開始する