このサイトでは、より快適に閲覧できるようCookieを使用しています。Cookie使用の詳細については、こちらをご覧ください。

x
OK
ジョージア

アパラチアントレイル

この地方で特に人気の高い道をハイキングする


1879年にマサチューセッツ州シャーリーセンターで生まれたベントン・マッケイ氏は、草創期の米国林野局に勤務し、壮大な発想を持つ博物学者でした。 彼は、東部沿岸の都市の工業化に伴う生活の変化によって、人々の健康が損なわれることを危惧して、1921年にニューイングランドの最も高い地点から南部の最も高い地点を通るトレイルを作り、沿道にキャンプ場を設けることを提案しました。

キャンプ場はついに実現しませんでしたが、アパラチアントレイルは建設が開始され、最後の区間が1937年に開通しました。 現在、300万人~400万人の利用者が毎年このトレイルをハイキングに利用しています。500人~600人の「スルーハイカー」はジョージア州のスプリンガー山からメイン州のカタディン山までの全長3,500 kmの道のりを歩き、14の州、8つの国有林、6つの国立公園を通って約500万歩の旅をします。

多くのスルーハイカーは、3月または4月の初旬にスプリンガー山を出発して北に向かい、9月にカタディン山に到着します。 第一の難所は、アパラチア山脈南部のダロネガ付近にあるチャタフーチー国有林です。 次に、グレートスモーキー山脈国立公園内を113km以上進んで、テネシー州とノースカロライナ州の州境を通り抜けます。 トレイルの4分の1 (875km) はバージニア州を通り、そのうちの172kmは雄大な景色のシェナンドー国立公園を通っています。ここは、トレイルの一部だけをハイキングする人々に人気のコースです。 ウェストバージニア州の部分はわずか3kmに過ぎませんが、同州のハーパーズフェリーにはアパラチアントレイル コンサーバンシーの本部が置かれています。 メリーランド州内は、ポトマック川を渡りチェサピーク・オハイオ運河に沿って66kmの距離を進みます。

ペンシルベニア州に入ったところで旅のおよそ半分は完了です。ミショー州有林とカンバーランドバレーを通る楽なトレイルを通過し、サスケハナ川を渡ると、アレゲーニー山脈の東端に沿って険しく岩の多い北東ルートが始まります。 デラウェアウォーターギャップの地点でニュージャージー州に入り、そこからマンハッタンのスカイラインを一望できるハイポイント州立公園を通過します。 ニューヨーク州には、人気のハリマン-ベアマウンテン州立公園があります。これは1923年に最初に完成したトレイルです。 ここからニューイングランド州に入り、80km弱を進んでコネチカット州の風光明媚なタコニック山脈とフーサトニック川渓谷を通過します。 マサチューセッツ州西部では美しいバークシャー山脈を通り、バーモント州のキリングトンとストラットンの並木を歩きます。 ニューハンプシャー州の部分のハイライトは、起伏の多い壮大なホワイトマウンテンです。ここを通るには相当の体力が要求され、バックカントリーのハイキングを好む人にとってはこのトレイルの中で最大に魅力ある部分です。 メイン州に入るとさらに厳しさは増し、452kmのホームストレッチは足場が不安定で、天候が変わりやすく、ぬかるみも多く、全ルートの中で最大の難所とされています。 メイン州南端部には巨石の間を延々と続く急坂、岩の割れ目、マフーサックノッチの洞窟があり、そこを抜けて有名な「ハンドレッドマイルズ」(モンソンとカタディン頂上の間の山脈、湖、森林の孤立した部分)沿いに北へまっすぐ進むと、そこが終点です。

この旅行プランは次の場所で見つかります。

1,000 Places to See in the United States & Canada Before You Die©

当サイトに記載されている場所の連絡先の詳細、アメリカ旅行のその他のアイデアは、ベストセラーとなっているパトリシア・シュルツの本でご覧いただけます。

ディスカバーアメリカへようこそ。

登録が完了したため、旅行プランをスーツケースに保存できるようになりました。

探索を開始する

メールアドレスを入力すると、パスワードをリセットするためのリンクが送信されます。

メールをご確認ください。

探索を開始する

アカウントのパスワードが正常に変更されました。 新しいパスワードを使用してログインしてください。

探索を開始する