このサイトでは、より快適に閲覧できるようCookieを使用しています。Cookie使用の詳細については、こちらをご覧ください。

x
OK
ハートフォード, コネチカット

マーク・トウェインの家と博物館

アメリカの有名な2人の作家の素晴らしい邸宅を訪問


敬愛する作家サミュエル・クレメンズ、別名マーク・トウェインの家を見学するため、文学愛好家が世界中から集まります。このペンネームは、ミシシッピ川の水先案内人が水深4mを表すために使った言葉に由来しています。 「私達にとって」とトウェインは言いました。「家には魂があり、私達を眺める眼がありました。家は私達の一部であり、私達は家に愛され、その祝福の祈りの中で暮らしました。」

故郷のミズーリ州ハンニバルLINK TKとの結び付きのほうがより深いとはいえ、彼はどんなときもハートフォードのヌークファームにあるこの家に特別の愛着を持っていました。 ハイビクトリアン建築の邸宅は、ニューヨークの著名建築家エドワード・タッカーマン・ポッターに設計が依頼されました。 1874年~1891年まで、トウェインは家族とこの家で暮らしました。「トムソーヤーの冒険」、「ハックルベリーフィンの冒険」、「アーサー王宮廷のコネチカットヤンキー」など、高い評価を得たほとんどの作品はこの時期に執筆されました。 美しく復元された19室の邸宅は、ルイス・コンフォート・ティファニーが手掛けた装飾や10,000点近いビクトリア朝のオブジェで飾られています。 ガイドツアーでは、その投資が彼を破産に追い込んだ重さ3トンのペイジの植字機など、身の回りの品の数々を見学できます。 邸宅の隣には人目を引くモダンな博物館があり、偉大な作家の人生やその生きた時代に関連する展示が行われています。目玉は、ケン・バーンズによる22分間の伝記映画を上映する小さいシアターです。

通りの向かいにあるハリエット・ビーチャー・ストウ・センターには、奴隷解放を題材にした文学の最高傑作「アンクルトムの小屋」の作者の遺産が展示されています。この作品は、世界的ベストセラー小説の第一号とされています。 この施設は、れんが造りのゴシックビクトリアン建築の「コテージ」に隣接しています(十分な広さですが、近所にあるトウェインの博物館には遠く及びません)。彼女は1873年から亡くなる1896年までの間この家で暮らしました。 ガイドツアーではストウ夫人の奴隷制度廃止論と、当時としては革命的な社会観が詳しく紹介されます。

この旅行プランは次の場所で見つかります。

1,000 Places to See in the United States & Canada Before You Die©

当サイトに記載されている場所の連絡先の詳細、アメリカ旅行のその他のアイデアは、ベストセラーとなっているパトリシア・シュルツの本でご覧いただけます。

ディスカバーアメリカへようこそ。

登録が完了したため、旅行プランをスーツケースに保存できるようになりました。

探索を開始する

メールアドレスを入力すると、パスワードをリセットするためのリンクが送信されます。

メールをご確認ください。

探索を開始する

アカウントのパスワードが正常に変更されました。 新しいパスワードを使用してログインしてください。

探索を開始する