このサイトでは、より快適に閲覧できるようCookieを使用しています。Cookie使用の詳細については、こちらをご覧ください。

x
OK
サンフランシスコ, カリフォルニア

カリフォルニア州サンフランシスコ:珠玉の大都市でのアウトドアアドベンチャー

By Heike Bachmann


サンフランシスコというその名前から、ゴールデン・ゲート・ブリッジに始まり、アルカトラズや市内の急な坂を上り下りしているオープンエアのケーブルカーまで、多くの呼び物が連想されます。そして、サンフランシスコを今日の魅力的で、常に変貌し続ける、世界中の人々が訪れる観光名所に変えた、カストロ地区、ヘイトアシュベリー地区、ノースビーチやユニオンスクエアなどの歴史的な近隣の場所があります。私は長年にわたりこの都市のファンですが、今回は、この有名な太平洋岸のカリフォルニア州の都市でアウトドアレクリエーションが楽しめるいくつかの場所を探りに出かけます。

ゴールデンゲートパーク(Golden Gate Park)の文化と自然

市の中心に位置するのが、東西にほぼ 5 km、南北に 800 m の範囲に広がる、サンフランシスコのゴールデンゲートパーク(Golden Gate Park)です。風光明媚な草地と湖、美しいウィンターガーデン、日本の茶室や野牛の放牧場に加え、公園には有名なデ・ヤング美術館もあります。サイクリスト、ランナー、スケートボーダーのかたわらで爽やかな散歩を楽しんだ後、このユニークな設計の美術館に趣味よく展示された現代アートを鑑賞しました。この美術館にあるハモンタワー展望フロアから見えるベイエリアの 360 度の展望は忘れられません。真向いには最先端のカリフォルニア科学アカデミーがあります。世界最大規模で非常に環境に優しい自然史博物館で、屋根は自己維持する植物でできています。

ベイカービーチで日光浴

サンフランシスコのように都市が水に囲まれていると、浜辺が恋しくなるものですが、ベイカービーチの浜辺は特別です。市の北西でプレシディオ地域のすぐ隣りにある、800 m の浜の砂は柔らかく、太平洋の波がゆったりと寄せては返し、ゴールデン・ゲート・ブリッジの眺めは豪華です。地元の人々も観光客も同じように散歩や日光浴、楽しいピクニックに惹きつけられるのも不思議ではありません。

ランズ エンド トレイルでユニークなハイキング

ベイカービーチの後は、サンフランシスコの自然にもっと深く入り込みたいという衝動に駆られて、ゴールデンゲート国立保養地(Golden Gate National Recreation Area)にある絵のように美しいランズエンドの展望台まで車で移動しました。新しいビジターセンターから役に立つ情報とおいしいコーヒーをもらってから、出発しました。散策に選べる、興味深いトレイルはたくさんあります。私は、有名なカリフォルニア・コースタル・トレイルの一部である、コースタルトレイルを選びました。道を曲がるたびに眺めがすばらしく、アメリカ大陸の海岸線に沿って歩ける貴重な機会でもあります。

アラモスクエアパーク(Alamo Square Park)の風景でリラックス

サンフランシスコは、無数の景色の都市とでも呼ぶべき場所です。市街地に戻り、同じ名前の住宅街の中心にあり、高い場所にあるアラモスクエアパーク(Alamo Square Park)で一日を締めくくります。ここでは、地元の人々と観光客が共に、サンフランシスコの街並みを見下ろしながら、有名なペインテッドレディースが醸し出す昔ながらの背景を前にリラックスしています。日没が湾に美しい光を投げ、地元の人たちが犬を散歩させているのを眺めながら、草の丘に座ると、遠くで活気のあるダウンタウンの夜の生活が始まるのを感じることができます。

そこで私は理解しました。都会的雰囲気と大自然の組み合わせが、サンフランシスコほど無理なく共存している都市は数少ないのです。それと、すばらしい料理の話をしていませんが、それはまた次の機会にお伝えします。

詳細はこちらから:

サンフランシスコ観光協会

ディスカバーアメリカへようこそ。

登録が完了したため、旅行プランをスーツケースに保存できるようになりました。

探索を開始する

メールアドレスを入力すると、パスワードをリセットするためのリンクが送信されます。

メールをご確認ください。

探索を開始する

アカウントのパスワードが正常に変更されました。 新しいパスワードを使用してログインしてください。

探索を開始する