マーフリーズボロ, アーカンソー

ダイヤモンドクレーター

ダイヤモンドやその他の宝石を探す(そして持ち帰る)


手早くもうけるための確実な方法ではありませんが、ダイヤモンドクレーターでは、何人かの人々が幸運を掘り当てました。ここは世界で唯一、一般の人々が天然のダイヤモンドを採掘し、自分のものにできる場所です。 素晴らしい掘り出し物の中には、Strawn-Wagnerダイヤモンドがあります。米国宝石協会によって認定された、かつてない最も完璧なダイヤモンドは、ビジターセンターの常設展示品です。 1990年に地元住民のシャーリー・ストローンが採掘した1.09カラットのダイヤモンド(原石は3.03)は、カットされる際に37,000ドル(約24,000ポンド)の値が付きました。

掘り跡が一面に広がるこの15ヘクタールの土地では、地球のプレート移動が生み出したダイヤモンド(およびその他の石や鉱石、ジャスパー、アメジスト、ガーネットなどの準宝石併せて40種類)を発掘できます。 約9500万年前、地殻の亀裂から熱いマグマが噴き出して「火山筒」ができ、ダイヤモンドが地表に運ばれました。 ここは世界で8番目に大きい、地表でダイヤモンドが産出される鉱床です。

橄欖岩の土壌の存在は、19世紀には地質学者によって確認されていましたが、地元の農民ジョン・ハドルストンが最初のダイヤモンドを発見したのは1906年になってからです。 初期には採掘が行われていましたが、1949年からは観光地としての価値がより重視されるようになりました。 1972年にアーカンソー州が州立公園として開発するためこの土地を購入して以来、25,000を超える数のダイヤモンドがここで発見されました。

ダイヤモンドを見つけるには3つの方法があります。 強い雨のあがった後、じっと目を凝らしながらあたりを行ったり来たりしていると見つけることができます。 本格的に探そうという人は、深い溝を掘り、 スルーシングという大変な作業を行います。 しかし、ほとんどの観光客は地面の最初の15cmを掘り返し(金ごてや篩は自分で用意したり、ビジターセンターで借りることもできます)、ビギナーズラックを祈るだけです。 どのようなものを探したら良いかがわかっていると役に立ちます。金属性の輝きがあり、かすかに油っぽい感触の小さな光沢のある石です。半透明ですが、透き通っている必要はありません。 ダイヤモンド発掘センターでは、発掘のコツを伝授したり、無料の石鑑定を行っています。ダイヤモンドの重量を測定し、証明書を発行します。 1日平均2個のダイヤモンドが見つかります(たいていは歓声が上がるのでわかります)。

アメリカでこれまでに発見された最大のダイヤモンドはダイヤモンドクレーターで発掘されました。1924年に発見された「アンクルサム」と呼ばれる巨大なホワイトダイヤモンドです。 これは40.23カラット(カット後は12.42カラット)でした。 15.33カラットの「アーカンソーの星」も素晴らしい発見でした。 ここで発掘されるほとんどのダイヤモンドは紙マッチの頭ほどの大きさで、ほとんどカットもできませんが、それでも夢はふくらみます。

トピック: アーカンソー, 南東部

この旅行プランは次の場所で見つかります。

1,000 Places to See in the United States & Canada Before You Die©

当サイトに記載されている場所の連絡先の詳細、アメリカ旅行のその他のアイデアは、ベストセラーとなっているパトリシア・シュルツの本でご覧いただけます。

ディスカバーアメリカへようこそ。

登録が完了したため、旅行プランをスーツケースに保存できるようになりました。

探索を開始する

メールアドレスを入力すると、パスワードをリセットするためのリンクが送信されます。

メールをご確認ください。

探索を開始する

アカウントのパスワードが正常に変更されました。 新しいパスワードを使用してログインしてください。

探索を開始する